韓国海軍艦艇からの急患輸送に係る災害派遣について(16時30分現在)

平成22年8月12日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.災害派遣の概要

(1)要請日時 平成22年8月12日(木)10時10分
(2)要請元 第二管区海上保安本部長
(3)要請先 海上自衛隊 航空集団司令官(厚木)
(4)要請の概要 急患輸送
(5)発生場所 関東東方沖約1000NM

2.災害派遣までの経緯

 8月11日(水)23時30分頃、関東東方沖約1000NMを航行中の韓国海軍艦艇乗組員の男性兵士(22歳)が急病となり、8月12日(木)3時15分、在京韓国大使館から海上保安庁へ急患輸送の要請があり、同日10時10分、第二管区海上保安本部長から海上自衛隊航空集団司令官に対して災害派遣要請がなされた。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

 海 自  第3航空隊(厚木)、第71航空隊(岩国)

(2)派遣規模

  航空機 2機

(3)主な対応状況

10時10分  第二管区海上保安本部長から海上自衛隊航空集団司令官に対して急患輸送に係る災害派遣要請
10時49分  第3航空隊のP−3C×1機が厚木基地を離陸。
11時02分  第71航空隊のUS−1A×1機が厚木基地を離陸。
15時35分  第71航空隊のUS−1Aが現場(宮城県金華山沖東方約476NM)に着水。
15時51分  US−1Aの救助ボートにより患者収容
16時07分  第71航空隊のUS−1Aが現場を離水、厚木基地へ搬送。
(19時00分頃、厚木基地到着予定)
※第71航空隊(岩国)のUS−1Aについては、厚木基地に前進待機中の航空機が対応。

御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊