海賊対処のために派遣されたP−3C哨戒機の活動状況について(平成22年6月)

平成22年7月6日
防衛省

1.任務実績(6月1日〜6月30日)

・飛行回数 21回(累計 254回)

・飛行時間 約140時間(累計 約1960時間)

・確認した商船数 約1500隻(累計 約17200隻)

・護衛艦、諸外国の艦艇等及び民間商船への情報提供 約220回
                              (累計 約2070回)

2.情報提供等を行った事例

■6月2日、警戒監視中のP−3Cが、米国艦艇より、パナマ籍の商船が海賊に襲われた旨の情報を受けた。P−3Cが現場に到着した時点で、同商船は既に海賊に乗っ取られており、その状況を米国艦艇に通報した。あわせて、同商船の周辺を捜索し、他に不審な船舶が見当たらなかったことから、その旨を米国艦艇に通報した。
※報道によれば、プントランド治安部隊の作戦により、当該船舶は6月3日解放された。

■6月28日、警戒監視中のP−3Cが、ドイツ艦艇より、海賊に乗っ取られたシンガポール籍の商船に関する情報を得たことから、同船の状況を確認し、ドイツ艦艇に通報した。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊