米軍再編に係る訓練移転(共同訓練)に関する平成22年度計画について

平成22年1月29日
防衛省

 米軍再編に係る訓練移転に関する平成22年度の訓練計画について、下記のとおり予定していますのでお知らせします。

1 米軍再編に係る訓練移転については、平成22年度にタイプT訓練及びタイプU訓練をあわせて15回程度の実施を目標に計画する予定です。

2 なお、個々の訓練計画概要(訓練規模、訓練期日等)については、決まり次第、関係自治体等にお知らせします。

(参考)
  タイプT訓練:1回につき1〜5機の米軍機が1〜7日間参加する訓練
  タイプU訓練:1回につき6〜12機の米軍機が8〜14日間参加する訓練
  訓練移転元の米軍飛行場:嘉手納、岩国及び三沢飛行場
  訓練移転先の航空自衛隊基地:千歳、三沢、百里、小松、築城及び新田原基地


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊