国際連合ハイチ安定化ミッション(MINUSTAH)に関する国際平和協力業務の準備に関する大臣指示の発出について

平成22年1月25日
防衛省

 去る1月19日、国際連合安全保障理事会は、緊急の復旧、復興、安定化に向けた努力を支援するため、決議第1908号により、ハイチに展開している国連PKOである国際連合ハイチ安定化ミッション(MINUSTAH)の増員を決定し、これを受け国連は、加盟国に対し新たな要員の派遣を要請しています。
 我が国としては、既にハイチに国際緊急援助隊を派遣していますが、今回の決議を受け、更なる人的貢献を行うため、国連に対し、同ミッションへの自衛隊施設部隊の派遣を行う意思がある旨通報することとしました。
 防衛省としては、今後、国際連合から正式の要請があり、同ミッションに関する国際平和協力業務を行うこととされた場合、これを迅速かつ適切に行うため、防衛大臣から各幕僚長等に対し、「国際連合ハイチ安定化ミッション(MINUSTAH)に関する国際平和協力業務の準備に関する大臣指示」を発出しました。本指示の概要は、下記のとおりです。

○ 「国際連合ハイチ安定化ミッション(MINUSTAH)に関する国際平和協力業務の準備に関する大臣指示」について
 同ミッションへの派遣に係る準備として以下の事項を実施すること。
 情報収集、関係機関等との調整、部隊の編成準備等


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊