ハイチ共和国への国際緊急援助隊の派遣に係る準備に関する大臣指示及び一般命令の発出について

平成22年1月18日
防衛省

 ハイチにおける大地震に関し、自衛隊は、平成22年1月18日、我が国の国際緊急援助隊の米国から現地への空輸を実施し、その復路で国際緊急援助活動として、現地から米国への被災民輸送を実施しました。
 防衛省としては、追加的な活動の実施について所要の調査を含む準備を行うため、防衛大臣から各幕僚長等に対し、「ハイチ共和国への国際緊急援助隊の派遣に係る準備に関する大臣指示」及び中部方面総監等に対し、「ハイチ共和国への国際緊急援助隊の派遣に係る準備に関する自衛隊一般命令」を発出しました。本指示及び命令の概要は、下記のとおりです。
 また、所要の調査を実施するための要員12名が、本日夕刻に成田空港を出発し、現地に向かう予定です。

1 「ハイチ共和国への国際緊急援助隊の派遣に係る準備に関する大臣指示」について
 同国への派遣に係る準備として以下の事項を実施すること。
 情報収集、関係機関等との調整、部隊の編成準備等

2 「ハイチ共和国への国際緊急援助隊の派遣に係る準備に関する自衛隊一般命令」について
 今後、状況に応じて所要の部隊を国際緊急援助隊として速やかに派遣するため、中部方面総監及び中央即応集団司令官は、所要の準備を実施すること。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊