海賊対処のために派遣されたP−3C哨戒機の活動状況について(平成21年11月)

平成21年12月1日
防衛省

1.任務実績(11月1日〜11月30日)

・飛行回数 20回(累計 106回)

・飛行時間 約150時間(累計 約830時間)

・確認した商船数 約1400隻(累計 約7300隻)

・護衛艦、諸外国の艦艇等及び民間商船への情報提供 約160回
                              (累計 約640回)

2.情報提供等を行った事例

(1)11月7日、民間商船より、不審な小型船舶がいるとの情報を受け、警戒監視中のP−3Cが現場に急行し、はしごのようなものを積んでいる小型船舶を視認。また、その後はしごが投棄されたことを確認。オランダ艦艇の搭載ヘリに対応を引き継ぎ、確認作業を終了した(11月8日付で公表済)。

(2)上記のほか、以下の事例があった。

■11月9日、民間商船より、不審な小型船舶がいるとの情報を受け、警戒監視中のP−3Cが確認を実施したところ、特段疑わしい点は見当たらなかったことから、その旨を、通報元の民間商船に連絡した。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊