海賊対処のために派遣されたP−3C哨戒機の活動状況について (平成21年7月〜8月)

平成21年9月1日
防衛省

 海賊対処法に基づく護衛活動が7月28日から開始されたところですが、8月31日までの約1ヵ月間の実績を以下のとおり取りまとめましたのでお知らせします。

※ 以下の実績については、第42回護衛(海賊対処行動第1回)から第54回護衛(海賊対処行動第13回)までを集計したもの。 

○ 合計 81隻

  1. 日本船籍  1隻
  2. 我が国の船舶運航事業者が運航する外国籍船 37隻
      (そのうち、日本人が乗船する外国籍船 1隻)
  3. その他の外国籍船 43隻

※ 上記のうち、海上警備行動では防護対象にならなかったと考えられる船舶は44隻である。(我が国の船舶運航事業者が運航する外国籍船1隻及びその他の外国籍船43隻)


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊