宮城県気仙沼沖における行方不明船舶捜索に係る災害派遣について(最終報)

平成21年5月22日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.災害派遣の概要

(1)派遣命令日時

平成21年5月18日(月)13時20分

(2)要請元

第二管区海上保安本部長

(3)要請先

航空自衛隊第4航空団司令(松島)

(4)要請の概要

捜索活動

(5)発生場所

宮城県気仙沼沖

(6)撤収要請日時

平成21年5月22日(金)15時49分

2.災害派遣までの経緯

 宮城県気仙沼沖で、北海道日高中央漁協所属「第21共栄丸」(約20t、乗員4名)が14日19時26分頃の連絡を最後に行方不明となり、海上保安庁が捜索するも発見できなかったため、第二管区海上保安本部長から災害派遣要請がなされた。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊 

空自 松島救難隊(松島)、海自 第2航空群(八戸) 

(2)派遣規模  

航空機  1機(延べ9機)

(3)主な対応状況

 【5月18日】
13時20分  第二管区海上保安本部長から第4航空団司令に対して、行方不明漁船の捜索に係る災害派遣要請。
14時01分  松島救難隊のUH−60J×1機が離陸。以降、捜索活動を開始。
18時30分  18日の活動を終了。

 【5月19日】
8時00分   松島救難隊のUH−60J×1機が離陸。以降、捜索活動を開始。
12時08分  19日の活動を終了。

 【5月20日】
7時30分  第2航空群のP−3C×1機が離陸。以降、捜索活動を開始。
12時03分 第2航空群のP−3Cが、八戸沖約240kmで2名が乗った救命浮舟を発見し、第二管区海上保安本部へ通報。
13時30分  松島救難隊のUH−60J×1機、U−125×1機が離陸。(海上保安庁航空機が2名を救助)
18時43分  20日の活動を終了。

【5月21日】
7時50分  第2航空群のP−3C×1機が離陸。以降、捜索活動を開始。
15時00分  本日の活動を終了。

【5月22日】
8時20分  第2航空群のP−3C×1機が離陸。以降、捜索活動を開始。
15時49分  撤収要請。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊