新型インフルエンザ対策にかかる検疫支援の体制変更について

平成21年5月11日
防衛省

 先月30日より、防衛省は、医師、看護師、准看護師を検疫支援のため成田空港検疫所等に派遣していましたが、昨日で5月6日から追加で派遣していた30名の支援が終了したところです。
 その後、厚生労働省より、国内感染者の確認等を踏まえ、引き続き検疫支援の追加依頼がありましたので、防衛省として以下の対応を行うこととしたのでお知らせします。

派遣期間

 平成21年5月12日〜5月25日

派遣人員

 陸上自衛隊に所属する看護師2名、准看護師9名及び臨床検査技師6名、海上自衛隊に所属する准看護師2名及び航空自衛隊に所属する看護師1名

 計20名
(合わせて52名)

勤務場所

 成田空港検疫所


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊