会計検査院法第34条の規定による是正改善処置について

平成20年10月22日

 防衛省は、10月22日、会計検査院より、会計検査院法第34条の規定による是正改善の処置を求められました。
 その概要及び当省の対応は、以下のとおりです。

1 会計検査院の是正改善処置要求の概要

「廃電池の管理について」(海上自衛隊補給本部長あて)
 基本計画に定めた5ヵ年分の官給所要量を超えて廃電池を保管していて、廃電池の売払いが行われていない事態は、国の資産の効率的な活用の面から適切とは認められず、是正改善の処置を求める。

2 会計検査院の指摘に対する対応
 現在保管している廃電池の売払いについては、関係部署において、より一層の連携を図ることにより計画的に実施してまいりたい。
 なお、平成20年9月16日に保管している廃電池の一部について売払い契約が成立したところである。

是正改善の処置要求の内容(※PCサイトに掲載)


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊