愛知県岡崎市における大雨被害に係る災害派遣について(最終報)

平成20年8月29日

※これは速報であり、数値等は今後も変わることがある。
※下線部は8月29日9時30分現在からの変更点

1 一般状況

 8月28日からの大雨により愛知県岡崎市において市内全域の14万世帯37万人に避難勧告が出され、岡崎市日名地区において一部住民が孤立する等の被害が発生したことから、29日、愛知県知事から陸自第10師団長(守山)に対し災害派遣要請がなされ、孤立住民の有無の調査等を行っていたところ、特に大きな被害情報がないため撤収要請がなされた。

(1)活動部隊

陸自第10特科連隊(豊川)、第10偵察隊(春日井)、第6施設群第372施設中隊(鯖江)、第10飛行隊(明野)

(2)派遣規模

人員:約200名、車両:約20両、航空機:1機、ボート:14隻

(3)活動状況

【29日】
0315 愛知県知事から陸自第10師団長に対し、災害派遣要請。
0440 第10特科連隊の連絡員2名が岡崎市役所に到着。
0522 第10特科連隊第3大隊長以下約60名が岡崎公園に向け出発。じ後、情報収集活動を実施。
0542 第10師団司令部の連絡員2名が岡崎市役所に到着。
0549 第10師団司令部の連絡員2名が愛知県庁に到着。
0624 第10偵察隊の人員約30名、車両4両が岡崎公園に向け出発。
0713 第6施設群第372施設中隊の人員約20名、車両4両が出発。
0730 防衛省災害対策連絡室設置
0750 陸自第10飛行隊(明野)OH−6×1機が離陸。じ後、情報収集活動を実施。
0800以降 、被災地を巡回し、孤立住民の有無を調査。
1200 河川決壊防止のための水防活動(土のう積み)を実施。
1351 撤収要請。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊