京都府舞鶴市における行方不明者の捜索に係る災害派遣について(最終報)

平成20年5月20日

※これは速報であり、数値等は今後も変わることがある。

1 一般状況

 5月20日、京都府舞鶴市の由良(ゆら)川(河口から約5q上流の地点)において、ジェットスキーから2名が転落し、消防が捜索したところ、1名(男性32歳)が発見されなかったため、京都府知事から海上自衛隊舞鶴地方総監(舞鶴)に対し災害派遣要請があり、捜索活動を実施した。その後、自衛隊の潜水員が行方不明者を発見したことから撤収要請がなされた。

2 自衛隊の対応状況

(1)活動部隊
舞鶴警備隊水中処分隊、第23航空隊(舞鶴)

(2)派遣規模
人員約10名(潜水員6名を含む)、ボート2隻、航空機2機

(3)主な活動状況

【20日】
1738 京都府知事から海自舞鶴地方総監(舞鶴)に対し、行方不明者の捜索・救助に係る災害派遣要請。
1742 舞鶴警備隊の水中処分隊が現地に向けて出発。じ後、潜水員(6名)が水中捜索を開始。
1810以降 海自SH−60J×2機が離陸。じ後、捜索活動を実施。
1841 自衛隊の潜水員が行方不明者を発見、収容。
1916 撤収要請。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊