日本国防衛省とアメリカ合衆国国防省との間の携帯型化学剤自動検知器(PACAD*)共同研究に関する了解覚書(MOU)の締結について

平成20年3月4日

 本日、携帯型化学剤自動検知器(PACAD)共同研究に関する書簡が外務大臣と駐日米国大使との間で取り交わされたことを受け、防衛省経理装備局長と米陸軍次官補代理(防衛輸出・協力担当)との間で、携帯型化学剤自動検知器(PACAD)共同研究を実施するためのMOUの締結を行った。
 本共同研究は、化学剤の迅速かつ正確な検知が可能で、操作及び処理方法を簡素化した携帯型化学剤自動検知装置及びその試験評価技術に関する研究を実施するものであり、現場における化学剤対処能力の向上に資するものである。

*PACAD( Palm-sized Automated Chemical Agent Detector)


添付書類:携帯型化学剤自動検知器(PACAD)にかかる日米共同研究の概要(※PCサイトに掲載)


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊