護衛艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故に係る捜索・救難活動について

平成20年3月4日

1 概要
 平成20年2月19日(火)午前4時7分、千葉県房総半島野島崎沖合において、海上自衛隊の護衛艦「あたご」と新勝浦市漁協所属の漁船「清徳丸」が衝突し、同船乗組員2名が行方不明となりました。
 防衛省としては、事故発生後、海上保安庁、文部科学省等の関係機関と協力し、行方不明者の捜索・救難活動を続けてきたところです。
 
2 防衛省・自衛隊の対応
 防衛省・自衛隊としては、2月19日の事故発生後、海上自衛隊の艦艇及び航空機を用いて捜索・救難活動等を実施してきました。

3 今後の捜索活動
 海上自衛隊の捜索は、海上保安庁等の関係機関の捜索の現状等を踏まえ、艦艇による捜索は3月4日をもって終了する予定です。3月5日以降は、航空機による広範囲な海域における捜索・救助活動は引き続き実施し、行方不明となっておられる乗組員の方々の捜索に全力を尽くしてまいります。
 防衛省が依頼している独立行政法人海洋研究開発機構の海洋調査船「なつしま」による「清徳丸」捜索協力は、3月4日をもって終了する予定です。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊