石川県能登地方を震源とする地震に係る防衛省・自衛隊の対応状況について(最終報)

※ これは速報であり、数値等は今後変わることがある。

平成20年1月26日

1 一般状況
  26日4時33分頃、石川県能登地方で地震が発生し、石川県輪島市門前町(もんぜんまち)において 震度5弱を観測した。

2 防衛省の対応状況
0440
防衛省災害対策連絡室(室長:事態対処課長)設置

3 自衛隊の対応状況

(1)活動部隊
陸自:第14普通科連隊(金沢)、第10飛行隊(明野)、中部方面航空隊(八尾)
海自:第4航空群(厚木)
空自:小松救難隊(小松)

(2)派遣規模
人員約10名、航空機5機

(3)活動状況
0516
陸自OH−6(明野)×1機が離陸。現場進出できず帰投。
0530
陸自第14普通科連隊(金沢)(人員約10名)が出発。じ後、地上偵察を実施。
0531
海自P−3C(厚木)×1機が離陸。じ後、偵察活動を実施。
0554
陸自UH−1(八尾)×2機(映像電送機)が離陸。天候不良により帰投。
0618
空自U−125(小松)×1機が離陸。じ後、偵察活動を実施。

※ 9時13分までにすべての偵察活動を終了。大きな被害は確認されなかった。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊