北海道斜里(しゃり)町における行方不明者の捜索に係る災害派遣について(最終報)

平成19年8月9日

1 一般状況

 7日、北海道斜里(しゃり)町の知床五湖周辺において観光客の男性(73歳)が行方 不明となり、警察等により捜索したが発見されず、北海道知事(網走支庁長) から災害派遣要請を受けた陸上自衛隊が行方不明者の捜索活動を実施したが、 発見に至らず撤収要請がなされた。

2 自衛隊の活動状況

【8日】
0955
北海道知事(網走支庁長)から陸自美幌駐屯地司令(陸自第6普通科連隊長)に対して行方不明者の捜索に係る災害派遣要請。
陸自第6普通科連隊(美幌)の連絡員2名が斜里町役場に向け出発。
1200
陸自第6普通科連隊(美幌)の人員約310名が現場に向け出発。じ後、捜索活動を開始。
1809
活動終了。

【9日】
0655
陸自第6普通科連隊(美幌)の人員約310名をもって捜索活動を開始。
1715
撤収要請。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊