防衛大臣記者会見概要 平成29年4月21日(08時48分〜08時50分)

1 発表事項

 なし。

2 質疑応答

Q:北朝鮮有事の際に、在韓邦人を救出する役割として自衛隊はどんな任務になるのか、改めて教えていただけますか。

A:仮に、朝鮮半島において邦人等の退避を必要とする事態に至り、民間定期便での出国等が困難となった場合など、諸般の事情を勘案し、邦人の安全確保のための手段として必要と判断される場合には、政府として自衛隊による在韓邦人の輸送の実施を検討することとなります。なお、具体的な検討状況については、事柄の性質上、お答えを差し控えさせていただきますが、いずれにせよ、必要な場合に与えられた役割を果たせるよう、引き続き体制の整備に努めるとともに、必要な訓練を実施し、在外邦人の安全確保に万全を期していく所存でございます。

Q:今の件に関して、韓国政府との調整は進んでいるのでしょうか。

A:それについても、事柄の性質上、また相手方との関係もあり、お答えを差し控えますが、平素から緊密に連携をしているところでございます。

以上


ご意見ご要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊