防衛大臣記者会見概要

平成29年2月28日(08時43分〜08時46分)

1 発表事項

 なし。

2 質疑応答

Q:防衛省が借り上げている「ナッチャンWorld」についてなのですけれども、今日は横浜港に初めて来るということなのですけれども、着岸訓練等々を行うということが一部報道でありますが、事実確認とそれについての意義について教えて下さい。

A:報道については承知しておりますけれども、御指摘の災害時を想定した訓練を実施するという事実はありません。民間船舶「ナッチャンWorld」の横浜港への寄港は、PFI事業の契約相手方である「高速マリン・トランスポート株式会社」が、「ナッチャンWorld」の魅力と活用の可能性を多くの方々に知っていただくことを目的として、本日及び明日の2日間、横浜港にて一般公開するものと承知をいたしております。その中で災害派遣活動についての紹介ですとか、また、写真の展示をすることといたしております。

Q:災害時の訓練をするということはないと。

A:そういった事実はありません。

Q:アメリカのトランプ大統領が2018年度の予算の編成方針について、国防費を大幅に増額する方針を明らかにしました。日本円にして6兆円になるということなのですけれども、これについての受け止めをお願いします。

A:トランプ大統領は、これまでも米軍の強化について繰り返して表明をされておりまして、今回の発言について、その一貫というふうに認識をいたしております。ずっと、トランプ大統領がこの点については言及をされてきたことでもありますので、今後、どのように具体化されていくのか注視をしていきたいと思っています。

Q:日本への影響について、または、自衛隊への影響や日米同盟への影響についてはどのようにお考えですか

A:米国の抑止力というのは、この地域の平和と安定にとって非常に重要なものでありますので、米国の取組みが引き続き、地域の平和と安定に寄与することは期待しております。その上で、日本としては今までも何度も申し上げていますように、わが国を取り巻く環境が大変厳しいものがある中において、わが国自身の防衛力の質と量の強化、また、日米同盟の強化・深化、そして、関係諸国との関係をより良いものに構築していくこと、この三本柱で日本の安全保障を図っていこうというふう思っていますし、また、先日、マティス長官が来られた時にもしっかりと日本の防衛力、今言った三本柱を強化することによって、日米同盟における役割の拡大を図っていきたいと思っています。その方針に変わりはないということです。

以上


ご意見ご要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊