防衛大臣臨時記者会見概要

平成28年12月2日(16時15分〜16時22分)

1 発表事項

 なし。

2 質疑応答

Q:今日、岐阜基地を訪れて、X−2などを視察されましたけれども、まず受け止めをお願いいたします。

A:訓示の中でも申し上げましたけれども、この岐阜基地は、大正6年、そして、来年には100年周年を迎え、大変伝統と歴史のある基地です。そして、今日は、X−2、それからXC−2、この2つを、XC−2の方は、搭乗させていただきましたが、非常に乗り心地も良く、また、機内も非常に静かですし、いろいろなところに配慮がされていましたし、また、大きな、例えばパトリオットの装備ですとか、そういったものも積み込めるということでありますので、わが国を取り巻く環境が厳しくなる中で、防衛力強化に資するものでありますし、大変期待をいたしております。また、X−2も、本当にわが国の技術が非常に高いということを実感いたしました。やはりこれは、日本の本当にきめ細やかないろいろなところに配慮をする、さらには、デザインの力を駆使した大変素晴らしい技術であり、本当にクールジャパンだなということを感じましたし、また、その万全の体制で、試験評価が行われているということを確認することができました。中期防にも書かれているように、やはり将来戦闘機をわが国独自で開発するという選択肢も与えるための非常に重要な取組みだというふうに感じたところです。いずれにいたしましても、いろいろなところを見せていただきましたが、非常に志気高く、また、隊員の皆様方が頑張って、そして、日本の先頭に立って技術の開発等にも取組んでいただいている、そしてそれが、わが国の安全保障にとって重要な役割を果たしているということを実感することができました。

Q:大臣は、将来戦闘機、国産、純国産であるべきか、共同開発かというお考えはいかがでしょうか。

A:そこはやはり、多様なところで、共同開発も、国際的に共同開発することの良さもありますし、いろいろな多様な選択肢があって、さまざまな観点から考慮することが必要だというふうに思います。

Q:岐阜基地に今後期待する役割などはどういったところにありますでしょうか。

A:先進的な技術、それをやはりこの土地柄もそうですし、育まれてきた歴史、そして、何よりもこの地域との関係が非常に良好で、民間の企業との連携、さらには、この土地の皆様方との関わり方など、これからの日本の自衛隊のあるべき姿の一つとして、模範を示していただけるのではないかという意を強くしました。

Q:先ほど話もありましたけれども、そのX−2の試験データ等を踏まえて、将来戦闘機の選考をしていくと思うのですけれども、国産化等に向けた現在の検討状況と今後のスケジュールを教えていただいてよろしいでしょうか。

A:本当に、非常にいろんな角度から考えられていますし、エンジンも国産ですし、ものを開発していますし、私は、こういった研究が民間の経済発展にも資するものでありますので、非常に期待をしています。そして、さらには、国際共同開発ということもあるわけですから、いろいろな選択肢を与えてくれる研究だというふうに思います。そして、中期防に書いてありますように、X−2をはじめとした各種実証研究を推進しつつ、国内開発や国際共同開発を含むあらゆる選択肢の検討を進め、平成30年度までに開発に係る判断を行なうというのが、この中期防に書かれていることでありますので、その今のこの計画に則れば、平成30年度までに、どういった方向性かということの判断は行うということだと思います。そのためにも、非常に選択肢を与えてくれているというふうに思います。

Q:別件なのですけれども、アメリカのトランプ次期大統領が、新政権の国防長官にマティス氏を起用する考えを明らかにしました。これについての受け止めをお願いします。

A:実際にトランプ氏が大統領になられてから、どのような人事をされるかはまだ確定的ではありませんので、そういった段階でコメントをする立場ではありませんけれども、日米の関係の重要性というのは、何回も私も記者会見で申し上げておりますけれども、トランプ大統領もしっかりと認識されているわけですし、しっかりと関係は築いていきたいと思っております。

Q:関係を築くというのは、マティス氏であればということですか。

A:どなたになられようとも、そういった趣旨であります。

Q:マティス氏ですけれども、物言いが激しいことで知られているような報道もありまして、強硬派としても知られているようなのですが、大臣のカウンターパートとして、これからどういった信頼関係を築くお考えでしょうか。

A:まず、どなたになられるかということについては、予断を持って何かを申し上げるべきではないし、しっかり良い関係を築いていくことが、わが国にとっても重要だと思いますし、やはり、わが国は言うべきことはしっかりとお話をすると、それはどの国に対してもですけれども、言うべきことを言うことと、良い関係ができるかできないかということは全く別問題で、私は日米関係の重要性は、しっかりと認識しつつ、どなたがなられようとも、良い関係を築いていきたいと思っています。

以上


ご意見ご要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊