防衛大臣臨時記者会見概要

平成28年11月19日(14時00分〜14時12分)

1 発表事項

 なし。

2 質疑応答

Q:今日、出発式に臨まれまして、隊員の他に御家族も300人ほど出席されていました。小さいお子さんを抱えたお母様の姿を目にしました。派遣を命令した責任者の大臣として、改めて御所感等ございましたら伺えますでしょうか。

A:本日は、田中隊長をはじめ派遣隊員が、本当に士気高く、そして派遣に向けてしっかりと訓練もできているということを確認することができました。また、家族の皆さん方にも親しくお話しする機会も持たせていただいて、家族の皆さん方もしっかりと支える態勢を作っていただいているのだということも感じたところであります。命令を発した立場として、しっかりこの11次隊員の皆さんが意義ある活動をして、そして無事に全員帰国されることを期待しております。

Q:御家族の中には不安を感じていらっしゃる方もいるかもしれません。今まで御家族の方に対する説明会なども開かれてきたと思うのですけれども、そういった御家族に対しての理解というのは十分得られたというふうにお考えでしょうか。

A:今日の報告の中で、各場所で2回ずつ説明会を部隊でしていますし、また、その結果、家族の理解も概ね得られているということを報告で受けました。また、今日も希望する家族の方には説明会も行ない、さらには相談の体制であったり、留守のお宅、例えば青森ですとこれから雪も降ってまいりますが、そういった家族の支援もしっかりしていくと、そういう報告も受けたところであります。私としても、今後もこの南スーダンの派遣の意義、それから新任務について、さらにはしっかり訓練も終了して派遣をしていることなどお話をしていきたいと思っています。

Q:政府としては、これまで慎重に付与できるかどうかを検討してきた結果、付与して明日出発ということなのですけれども、改めてここまでの判断に至ったことについて、御所感をお願いします。

A:まず、PKO5原則を維持しつつ、派遣隊が南スーダンにおいて安全を確保しつつ有意義な活動ができるかどうかということをしっかりと見ていくという立場から、私も南スーダンにも10月8日に視察にまいりましたし、その後、柴山補佐官も、最近11月に入って視察に行ったところであります。さらには、毎日状況の報告も受けております。そういったことを総合的に判断して、もちろん南スーダンは大変厳しい治安情勢にはありますけれども、そして北のマシャール氏の故郷ですとか、あと南の国境付近では武力による衝突も散見されるわけですが、ジュバ市内及びその近郊においては比較的安定をしていることは政府全体で確認することができたわけであります。その上で、新任務に関しても、施設部隊が対応できる範囲で緊急的な要請を請けて人道的な見地から行なう、まさしく助けられる人を見捨てることはないという任務でもありますし、「宿営地の共同防護」は、運命共同体として、まさしく対応できる範囲で行なうことが自衛隊の皆さんのリスクの低減にもつながっていくわけでありますので、そういったことを慎重に見極めながら、さらには安定的な同意が維持されることを見極めて今回の新任務を付与したわけですけれども、そして、今日隊長もおっしゃっていたように、十分対応できるところまで訓練はできていると、しっかりと訓練は終了しているという報告も受けましたので、そういった点は自信を持って行っていただけるというふうに考えております。ただ、何度も申し上げてきたことですけれども、南スーダンの情勢については、これからもしっかり緊張感を持って見極めていく必要があるというふうに思っています。

Q:訓示の中で、「新たな一歩を踏み出した」というようなお話しをされましたが、国際基準の中で「駆け付け警護」等の任務をできることによって、そのレベルに近づいたというふうにお考えでしょうか。

A:まず、「駆け付け警護」は、何度も申し上げておりますけれども、今までも東ティモールやザイールなどにおいて、邦人から保護の要請があったときに、法的な根拠についてぴったりくる「駆け付け警護」のような法律がなく、訓練ができていない中で、それでも自衛隊の皆さんは邦人を保護してきたわけであります。そういった要請の元で今回「駆け付け警護」の法制ができ、そして、施設部隊として対応できる範囲において、緊急的・人道的見地から、本当に助けられる人を助けると、そのための訓練もしっかりやっていくというところに意義があるというふうに思います。今回「新しい一歩」というふうに申し上げましたのは、やはり昨年成立して今年の3月から施行されている新しい平和安全法制は、まさしく憲法が許す範囲内においてしっかりと日本が安全を守り、また、世界の平和と安定にも貢献できるための大変有意義な法律だというふうに思います。この新しい平和安全法制が成立したことによって、日米の同盟も強化されますし、日本の安全保障という意味においても大変有意義なものだと思っています。その新しい平和安全法制の下での新任務という、一つの任務であるということが、私は「新しい一歩」だというふうに思います。

Q:平和安全法制が去年の9月に成立して1年以上経過して、大臣が就任してから具体的に派遣準備とか指示をされて、ここまで手順を踏んでこられましたけれども、改めてこれまでの政府の派遣に向けた取組みの経緯を振り返っての評価をお願いします。

A:派遣に向けてというのは、今回の派遣でしょうか。

Q:大臣も視察に行かれたり準備をしてきたと思うのですけれども、その進め方とか、それについての評価をお願いします。

A:3月に施行して、様々な準備を経て、8月下旬から訓練をやってきたわけですけれども、やはり自衛隊の皆さんが安全に新任務を遂行できる、そして、安全に施設部隊としての活動ができるかどうかということをしっかりと見てきたつもりです。また、南スーダンに行きました折にも、南スーダン政府の関係者、それから国連の特別代表からも、非常に日本の自衛隊が、南スーダンの国作りに向けて道路や施設整備や様々な有意義な活動をしているというふうに認識をしたところであります。今回、そういった準備をして、訓練も十分にして、そして自信と誇りを持って南スーダンに第11次隊が派遣されるということは大変意義のあることでありますし、また、日本の日本らしい国際貢献だというふうに思っています。

Q:アメリカのトランプ次期大統領がフリン氏を安全保障政策の大統領補佐官に指名しました。岸田大臣は「日米同盟の重要性を認識している人物だ」と評価しています。大臣はどのように評価していらっしゃいますか。

A:アメリカの人事についてコメントをする立場にはありませんけれども、しかし、トランプ次期大統領も日米同盟について「非常に意義のあるものであり、しっかりと強固なものに深化させていきたい」というふうに述べておられたところでありますので、どなたがどういった立場に就かれても、日米同盟はさらに深化をさせていく必要があるというふうに思います。

Q:今日、実際に派遣される隊員とその家族の方と懇談されたと思うのですけれども、大臣から何か伝えたことや先方から伝えられたことがありましたら何か紹介していただけないでしょうか。

A:ほぼ全員と握手もしました。中には、家族、お父さんも息子さんも自衛隊で、そのまた息子さんも中学生だけれども自衛隊に入ろうと思っているというお話しであったり、お母さんと娘さんが自衛隊であったり、今回、御夫婦で南スーダンに行かれる方がいらっしゃったり、あと、中学生と小学生のお子さんが一緒に来られて、お母さんが南スーダンに行かれる話であったり、個々の御家庭の様々な様子をしっかり聞くことができてよかったと思います。私も、そういった家族に送られて、自衛隊の皆さんが、今回南スーダンでしっかり安全を確保しつつ有意義な活動をしてきてくれるものと期待しております。

以上


ご意見ご要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊