防衛大臣臨時記者会見概要

平成28年11月2日(14時57分〜15時04分)

1 発表事項

 なし。

2 質疑応答

Q:今日三沢基地を訪れて、日英共同訓練の記念式典出席などされました。その所感と、今後の日英防衛協力をどのように進められるか、お聞かせ下さい。

A:今回初めて三沢で、日本に英国の「タイフーン」がイギリスからきました。共同訓練は初めてのことでありますので、大変意義深いものだと思います。特に、今年1月の2+2でこの共同訓練の話が出て、そして、この1年の間に実現することができました。日本と英国との間の防衛協力が進んでおり、さらには価値観を共有する英国がこのアジア太平洋地域においてしっかりと存在感を示し、また、日英の防衛協力が進んでいるということは、この地域に法の支配を貫徹するという意味においても、大変意味のあることだというふうに思います。

Q:地元で表立って反対運動等は起きていないのですけれども、若干複雑な思いで見ていらっしゃる方もいらっしゃいますし、常態化するのではないかという危惧の声もございます。今回、スポットでの訓練でしたけれども、これから同様の訓練が三沢、あるいは三沢以外の地域で、イギリスとの間でこういった訓練を行なう予定はあるのでしょうか。あるいは、イギリス以外の国にも広げていく可能性はあるのでしょうか。今後の考え方について、お聞かせ願えますでしょうか。

A:わが国を取り巻く安全保障環境は厳しさを増していますし、何よりも力ではなくて、しっかり国際法の支配を貫徹させていくためには価値観を共有する国々と協力していく、そしてそういった防衛協力を進めていくということは、私は意義のあることでありますし、今回の訓練の中でも三沢基地において、日本、そして英国、それぞれの自衛隊と空軍がしっかり訓練をしているというのは、大変頼もしく思います。その上で、今後、今回のような訓練を英国との間で、例えば三沢で続けるとか、日本のどこかで続けるとか、何か具体的なことが決まっているというわけではありません。今おっしゃったように、三沢は大変地元との関係も非常に良好だというふうに思いますけれども、地元の皆様方の協力を得ながら、いろいろなことを進めていくべきだと思っています。

Q:話題変わるのですが、南スーダンの、国連が報告書をまとめまして、中身で申しますと、7月の大規模な衝突で当時展開していたPKO部隊が攻撃への対処に失敗したという内容の報告書を出しました。

A:何の対処に失敗ですか。

Q:7月に起きた大規模な衝突で、PKO部隊が攻撃への対処に失敗したと。中身で言うと、指導力の欠如や準備不足等を指摘しております。UNMISSの司令官を更迭するという報道も出ているのですが、これに対する大臣の受け止めと、今大詰めを迎えている新任務の付与に何らかの影響を与える可能性というのはあるのでしょうか。

A:まず、7月の武力の衝突における、今、御指摘なのは、ホテルにおける暴行事件についてだと思いますが、それについては、特別調査が入って、そして、報道で報告書が出たということでありますけれども、全体をまだ読んでおりませんので、ここでコメントするのは差し控えたいと思います。その上で、あくまで南スーダンのPKOに関して日本がPKO5原則を維持しているというのは先日お話をしたところですし、また、自衛隊が安全確保しながら、本当に国際社会、さらには南スーダン政府からも非常に期待をされる存在であり、有意義な活動を行っているということは事実なので、それゆえ派遣の延長を決めたわけでありますけれども、それに加えて新たな任務を付与するかどうかについては、法が要求しているところの安定的合意の見込みであるとか、また、自衛隊の訓練の習熟度であるとか、総合的に政府全体で判断をしていくことになると思います。

Q:日英に戻るのですけれども、日英の間ではACSAの締結交渉を加速化させるということで一致していると思うのですが、今後の目処についてどういうふうにお考えでしょうか。

A:今、かなりACSAの交渉も進んでいるということは聞いておりますが、ACSAの交渉に関して、さらに進めていくということです。

Q:別件で北朝鮮ですけれども、アメリカの報道で、「72時間以内にも中距離弾道ミサイル「ムスダン」を発射する兆候がある」というふうに報じました。これについて現状の御認識をお願いします。

A:報道については承知をいたしております。ただ、事柄の性質上詳細についてコメントは差し控えたいと思います。いずれにいたしましても、「ムスダン」2発を失敗して、さらにまだミサイル発射ですとか、また、核実験、また、核の小型化等々、意欲は常に北朝鮮は示しているわけでありますから、今後も、緊張感をもって情報収集に努め、さらにしっかり対応していきたいと思います。

以上


ご意見ご要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊