防衛大臣臨時記者会見概要

平成28年9月16日(07時54分〜08時07分)(日本時間)

1 発表事項

 なし。

2 質疑応答

Q:今日、初めてアメリカのカーター国防長官と日米防衛相会談を行ったわけですけれども、この意義について、また成果についてお聞かせ下さい。

A:カーター長官との間では、今のアジア太平洋地域、また、わが国を取り巻く周辺の状況等々、いろいろな意見交換をいたしましたが、認識は一致しておりますし、また、かつてないほど日米同盟の強化ということ、また、非常に強い絆があるということも確認することができました。また、何よりもカーター長官とお話をしていて、非常に信頼できる、そして力強い日米のパートナーシップが築ける方という印象を持つことができ、大変有意義だったと思います。

Q:会談の中では、北朝鮮情勢を踏まえて、いわゆる拡大抑止についても確認がされたということでしたけれども、拡大抑止の意義についてお聞かせ下さい。

A:核の拡大抑止のみならず、様々なミサイル防衛、さらには東シナ海、南シナ海等において、日米、さらには他の関係諸国との関係をしっかり強めていくことなどを確認しました。

Q:稲田大臣御自身としては、拡大抑止について、今の日本にとっては不可欠だという認識でしょうか。

A:唯一の被爆国である日本として、核のない世界を目指していくということは重要でありますが、やはり現実の問題を考えたときに、核の抑止力ということもまた重要だろうと考えています。

Q:今回、南スーダンは見送ったわけですけれども、今後、11月の11次派遣隊というのもあると思うのですが、新しい「駆け付け警護」や、その辺の任務付与はどう考えていらっしゃるのかということと、今の訓練の準備状況はどうなのでしょうか。

A:まずは、この南スーダン、期限が来るわけでありますので、現状をしっかりと見ていきたいという思いもあって、何とか南スーダンに行きたいと思っていたわけですけれども、その気持ちは今も変わりません。そして、その問題と、新しい平和安全法制が成立をして、それに伴う訓練はしっかりとやっていく必要があります。また、南スーダンの問題とは分けて、訓練ということはしっかりやっていく必要はあるのだろうとは思っています。

Q:先ほどの会談の中で、核の抑止力について、アメリカには維持してもらいたいということを、大臣の方から会談の中でカーター長官にお伝えされたのですか。

A:そういうことを私から依頼したということはありません。お互いの認識の中で、様々なことを確認したということです。

Q:今回の訪米に関して、ワシントンポストやウォールストリートジャーナルなど、大臣のことを次の総理大臣として見ています。これまで、タカ派というふうに見られていたことに関して、どういうふうにモデレートにされるのだろうかというところで注目を浴びていたと思うのですけれども、そういったアメリカのメディアの方から、次の総理大臣として注目されている中で、今回の訪米というのはどういう成果を残すことができたとお感じですか。

A:私も何度もそういった質問に答えていて、政治家になったら誰でも総理は目指しているのでしょうけれども、目指していても、運や、能力や、タイミングや、人の和など、様々なものがあって、初めて実現するものなので、自然体で今の仕事をしっかりやっていこうという思いはずっと変わりません。そして、タカ派と見られているということなのですけれども、それは、かなりいろいろなマスコミからもそのように見られているのでしょうが、私はずっと歴史認識の問題については、客観的事実が何かということを忌憚なく話すと。忌憚なく自分の意見を言うということや、自分の国の立場をしっかりと主張する、その上で、理解をするということが重要だということをずっと一貫して述べてきたので、自分自身はタカ派と思ったことはありません。そのありのままの自分の考えは、このワシントンのみならず、どこへ行っても発信していきたいと思っています。

Q:沖縄の件なのですが、明日、翁長知事の取り消しに関する裁判の結果も出るのですけれども、アメリカ側としては今、工事が止まっていることに懸念の声もあるのですが、今回、辺野古が唯一の解決策だということで一致したということですけれども、アメリカ側から何か懸念を表明されるというようなことはあったのでしょうか。

A:特になかったです。

Q:先ほど講演の中で、大臣は、南シナ海に関与を強めていく中で、共同巡航訓練というものをおっしゃっていましたが、これはいわゆる、安保法制の施行を受けたような新たな訓練というのを想定していらっしゃるのでしょうか。

A:安保法制を受けたというよりも、やはり今の状況を見れば、日本とアメリカのみならず、日本とアメリカと他の価値観を共有する国々との間でしっかりと関係の強さ、さらには東シナ海、南シナ海で力の変更ではなくて、「法の支配」を貫徹させるのだという、そういう国際社会の意思を示していくということが重要だろうというふうに思っています。

Q:今の質問に関連しまして、南シナ海で行っていく共同訓練というのは、安保法制で新たにできることも含めてやっていくという理解でしょうか。

A:安保法制で新たにできることになったことというのは何を指しておられるのかなのですけれども、もちろん、今も新任務、安保法制でできるような任務については、訓練はしております。しかし、他国と関係することについては、しっかり協議をしないとできないわけですから、そういうことも踏まえないといけないと思います。

Q:米艦防護などそういうことも含めてでしょうか。

A:そういうこともしっかり認識を一致させないと意味がないのではないでしょうか。

Q:安保法制の「駆け付け警護」と「宿営地の共同防護」の訓練なのですけれども、これはいつから始める予定でしょうか。

A:準備が整い次第ということです。「駆け付け警護」に関して、報道官から、今週から実動訓練を行うということです。

Q:今週というと、19日、明日、明後日くらいまでですか。

A(武田報道官):以前から、9月中旬からと申し上げておりますので、その予定ということです。

Q:その訓練については具体的にはどういったものを考えていらっしゃるのでしょうか。

A:しっかりと、安全を守りながら、そして、新たな任務にも対応できる様々な訓練をしっかりやっておかなければいけないと思います。

Q:19日で、平和安全法制の成立から1年ということなのですけれども、これまでの準備状況なども踏まえて、今後、どういうふうに運用を本格化させていきたいとか、課題をどういうふうに見てらっしゃるのかということについて、考えをお願いします。

A:今の日本を取り巻く環境を考えると日本自身の防衛力をしっかりつけていく、万全なものにしていくということも重要ですが、日米同盟の強化というのは、非常に大きなウエイトを占めていると思います。新ガイドラインが成立したこと、特定秘密もそうですけれども、かなり安倍政権でしっかりやってきたことの成果は表れているというふうに思います。その上で何が課題かというと、やはり、そういった非常に大きな法律であったり、今を取り巻く環境における対応であったり、それをしっかりとわが国は法治国家ですので、憲法の制定する範囲内で、立憲主義に反しないものであることや、また、国民の皆さん、特に女性の皆さんや若い人達に、しっかり説明をしていくことが重要だと思っています。

Q:安保法の「駆け付け警護」の訓練なのですけれども、それは「駆け付け警護」と「宿営地の共同防護」について、双方とも今週から訓練を始めるということでしょうか。

A:訓練の詳しい内容について、また、スケジュール等については、後ほど報道官からお話をさせたいと思います。(※1)

Q:任務付与については、どのように判断されるおつもりでしょうか。

A:任務付与といっても、しっかり安全に任務が果たせる状況にならないと付与するわけにはいかないわけです。さらには、いろいろな状況の中で訓練が終わったからといって、任務付与をするかどうかということも、また、大きな決断がいるわけです。そういったことをしっかりと、今の状況を、刻々と変わるものもありますでしょうから、見極めていかなければならないと思っています。

Q:先ほどの、南シナ海での共同巡航訓練というのは、アメリカが今やっている「航行の自由作戦」の一部としてやることでしょうか。

A:「航行の自由作戦」に参加するということではありません。

1 大臣会見直後の報道官による補足説明
 平和安全法制に基づく訓練でございますけれども、訓練の開始について公表させていただいた際に、9月中旬から体を動かす訓練を行なう予定ですと、皆様には申し上げておりました。現在、南スーダンには、第10次派遣要員が活動しておりますが、仮に期間が延長されれば、第11次要員が派遣されることになるわけです。従来から、要員を派遣する際には、その要員に対して十分な教育・訓練を行なってまいりました。先ほど申し上げたように、期間が延長された場合に備えて、第11次要員についても、8月25日から、約2ヶ月程かけて、訓練を実施しております。この第11次要員については、東北方面隊隷下の第9師団を基幹として派遣準備訓練を進めておりまして、この訓練のうち、「駆け付け警護」等に関する訓練については、当初、座学を中心に行なっておりましたが、現在は実動を伴う訓練についても始まっているところでございます。いずれにしても、平和安全法制に基づく任務については多岐にわたるため、関係する訓練の内容も様々なものになるわけですが、今後、各部隊において必要な訓練を、それぞれ準備が整った所から実施していくということになっております。

質疑応答

Q:「駆け付け警護」など、今週から始まるということなのですか。

A:ただ今申し上げたように、現在は、実動を伴う訓練についても始まっているということです。当初から、9月中旬から行なうと申し上げておりましたので、今週から始めたということで承知をいたしております。

Q:今週から始めたということですか。「駆け付け警護」と「宿営地の共同防護」の訓練を始めたということですか。

A:安保法制に伴う新たな任務がございますが、「駆け付け警護」などに関する訓練については、現在、実動を伴う訓練が始まっているということでございます。具体的に、どのような訓練を、どのように、どこでといった詳細については、手の内なので差し控えさせていただきたいということでございます。

Q:何日から始まったのですか。

A:確認してお答えします。

Q:2つ始まったということで良いのですか。"等"というふうに言っていますけれども、「駆け付け警護」と「宿営地の共同防護」はすでに始まっているということですか。

A:平和安全法制に伴う新たな任務について始めている、この時点において、「駆け付け警護」については、その訓練は始まっているということは申し上げますが、その他の訓練につきまして、今、始めているのか、未だ座学の状況なのかについては確認をしたいと思います。

Q:これは、人数とか、何人くらい。

A:訓練の具体的な内容、詳細については、お答えは控えるということでございます。

Q:それは、何日からとか、共同防護はどうなるとかは、どうやって教えてもらえるのですか。

A:確認できれば、直ちにご連絡したいと思います。(※2)

2 後刻、「9月14日から、「駆け付け警護」及び「宿営地の共同防護」に関する実動訓練を始めた」旨回答

以上


ご意見ご要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊