大臣臨時会見概要

平成28年5月21日(22時51分〜23時03分)

1 発表事項

 先ほど、22時から22時20分まで、アメリカのカーター国防長官と電話会談をいたしました。冒頭、私から、沖縄で起りました、米軍属の凶悪な逮捕事件につきまして、極めて残忍で、そして凶悪な事件の発生、これは言語道断で、あってはならず、極めて遺憾であるということを述べまして、強く抗議をいたしました。また、米軍人、また、軍属の綱紀粛正並びに、再発防止に徹底して、取組んでいただきたいということを強く求めました。これに対して、カーター長官からは、「本件は、大変いたましく遺憾な事件であり、亡くなられた被害者の御家族、そして、被害者御本人、心から深い謝罪の意を表明するとともに、事件の捜査に、全面的に協力をする」という発言がありました。また、「二度とこのような事件が起きないように、米軍人のみならず、米軍属による、事件・事故の再発防止に取組んでいく」という発言がありました。また、私とカーター長官は、日米同盟が地域の平和と安全のためには、不可欠な役割を果たしていることを再確認をするとともに、沖縄をはじめとする、地元の負担軽減を含めて、日米同盟を強化するための取組みを、引き続き、続けていくことで一致いたしました。その上で、私とカーター長官は、来月初旬のシャングリラ会合の際に、日米防衛相会談を実施するということで一致いたしました。

2 質疑応答

Q:カーター長官から、謝罪が伝えられたということなのですけれども、これは、これまでのドーラン司令官などと遺憾の意とは違った表現だったということでしょうか。

A:英文におきましても、「apology」という言葉がありまして、亡くなられた被害者、そして御遺族に、心から謝罪、「apology」の意を表明するという発言がございました。

Q:再発防止策をどのように作っていくかとか、そういった具体的なお話はありましたでしょうか。

A:本日、私が、ニコルソン四軍調整官と会談した内容をお話いたしまして、その内容におきましては、米軍人、そして、軍属を含むものにつきましての、再発防止に取組んでいくことについて、全面的に賛成であるということで、今後、私から、ニコルソン四軍調整官の取組みを支援していただきたいと申し上げましたら、カーター長官から、「それに賛成である」と。その取組みを、支援していくという旨の発言でありました。

Q:今回、謝罪の意が表されたということなのですけれども、これについて大臣はどのように受け止められていますか。

A:いかに今回の事件が残忍で、非常に凶悪な内容であって、日本も重く受け止めておりますが、アメリカも、それ以上に、深刻に重く受け止めているということだと思います。

Q:今後、日米同盟、安全保障環境が厳しくなるという中で重要だと思うのですけれども、沖縄県民、日本国民の信頼回復というのは大事だと思うのですが、その信頼回復と日米同盟の強化、これをどのように進めていくお考えでしょうか。

A:日米同盟は、日本の安全保障にとりまして、非常に重要なものでありますので、今後とも、日米の安保体制というものは、しっかりしていかなければならないと思います。一方で、それに対する国民の信頼、特に、沖縄に基地が集中しておりますので、沖縄県の皆様方から、信頼を得るということが大事であります。これはやはり、地道に、こういった事故が起らないように、安心して暮らせる環境を、しっかり作っていくということで、今までも、こういった事件・事故を起こしてはいけないという意識の基に、取組んでおりましたけれども、今後、更に、それを徹底して、二度とこのようなことがないように、努めていくということで、一つ一つ確実に対応していくことが大事だと思っております。

Q:昨日、ニコルソン四軍司令官からは、副知事に対して謝罪という言葉がありましたけれども、防衛省に対して、高いレベルでは、今回初めての謝罪なのですか。はっきりとした言葉としてですね、「apology」という謝罪の意だと思うのですけれども。これは日本側から遺族感情を、県民感情へ配慮して謝罪をはたらきかけたのか、それとも、アメリカから言われたものなのか、どちらなのですか。

A:アメリカの国防長官として、まさに、アメリカを代表して発言をされたことでございますので、アメリカの姿勢であると認識をしております。

Q:シャングリラで、この件について、何か協議をするということも、今回の電話会談ではお話をされたということでよろしいでしょうか。

A:様々なテーマがありますけれども、沖縄の問題、また、こういった米軍人、軍属等の事故防止は、一つのテーマではないかと私は思っております。

Q:カーター長官が、シャングリラの前に、日本に訪れるというような一部報道もありましたが、それはなくて、シャングリラで防衛相会談ということなのでしょうか。

A:従来から、米国との間では、高官の往来も含めまして、様々なやりとりを行ってきておりまして、私とカーター国防長官が、直接会談をする機会を持つということは重要と考えておりますが、カーター国防長官の訪日自体が、そもそも確定したわけではなくて、沖縄県において、米軍属が逮捕されたことを受けて、カーター国防長官が、訪日を取り止めたというような事実もありません。こういった防衛相会談というのは、わが国の防衛政策と、米国について、協議をする重要な機会でありますので、忌憚のない意見交換を行いたいということであります。

Q:日米安保の重要性だとか、負担軽減についてお話されたということなのですけれども、辺野古だったり、嘉手納以南だったり、具体的な基地名を出して、お話はされたのでしょうか。

A:もちろん、これは重要なテーマでありまして、沖縄の基地負担軽減、在日米軍の再編は、既に、計画を作って、逐次、事業として進んできておりますので、そういった状況についても、私から、話をしてまいりますし、今後、更に、沖縄の基地負担軽減について、米側と協議してまいりたいと考えております。

Q:普天間の移設について、辺野古が唯一の選択肢ということについては、今回の電話協議でも、確認されたのでしょうか。

A:今回は、発生した犯罪に対して、非常に重く受け止めるということで、私から、抗議をいたしまして、綱紀粛正を求めたわけで、それに対して、米側の考え方を聞いたということで、それが一番大きなテーマでした。

Q:副知事から、全基地撤去など、県内から厳しい声が上がっていると思うのですけれども、それについては、長官には伝えているのでしょうか。

A:これは、私の意見でありますが、やはり、日本の安全保障を考えた場合に、非常に、その環境が大変厳しいものになってきておりまして、長らく、沖縄が、米軍の施政下に置かれて、現在も、多くの施設・区域が集中して、沖縄県民の方にとって、大変大きな負担となっている事実は、重く受け止めておりますが、一方で、沖縄の地理的な特性は、米本土、ハワイ、グアムに比べて、アジア、東アジアに近いと。また、近すぎないという地理的な問題、また、海兵隊の特性、こういうことで、やはり、日米同盟の抑止力を構成する重要な要素で、わが国と、平和と安全を確保する上で、私は必要なものと考えております。なお、沖縄の基地負担軽減ということで、日米間で協議をして、負担軽減をする計画は、既にできて、それを一つ一つ、実行しようと進めておりますので、今後とも、日米同盟の抑止力は維持しつつ、沖縄の負担軽減を進めていくことで、今後とも、沖縄における、米軍基地の整理・統合・縮小には、取組んでまいりたいと考えています。

Q:沖縄県民の信頼回復には、何が一番重要だとお考えですか。

A:今日、協議をした中で、米軍と日本の友好のために、いろいろな企画があって、たくさんの方が基地を訪れて、友好に努めている、行事をしているのだという話がありました。やはり、何と言っても、信頼関係が大切なことでありますので、一つ一つ、信頼をいただいていくということと、今回のことにつきましては、米側が、こういった御遺族の心情に寄り添った、心を尽くした対応を行いまして、何と言っても、二度と、こういった犯罪が発生しない対応を実施する、綱紀粛正と再発防止策を、しっかりと打ち立てて、徹底するということが大事なことだと考えます。

以上


ご意見ご要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊