大臣臨時会見概要

平成27年12月25日(16時41分〜16時44分)

1 発表事項

 なし。

2 質疑応答

Q:本日、沖縄県が、辺野古沖の海の埋立阻止を求めて国を提訴しました。これに対して受け止めをお願いいたします。

A:執行停止の取消を求める訴訟を起こしたということは、報道で承知致しております。防衛省と致しましては、一昨年末の仲井眞前知事による埋立承認については何ら瑕疵がなくて、翁長知事の取消は違法であると考えております。また、一日も早い普天間飛行場の移設・返還を実現するために、沖縄防衛局が、翁長知事による承認取消の効力停止を求めたことも適法であると考えております。沖縄県の主張につきましては、今後、明らかにされるものと考えておりますけれども、このような政府と考え方が異なる主張での訴訟提起であれば、大変残念に思うわけでございます。

Q:工事は計画通り進めるお考えでしょうか。

A:我々の作業というのは、一日も早く、普天間基地の抱える危険性、また住民の皆様方の不安を除去するために、計画的に行っているものでありまして、この工事の埋立手続というのは、時間をかけて沖縄県と話し合いをして、一つ一つ、指摘に対して手続で修正を加えるなどして、十分に時間をかけて丁寧に行ったものでありまして、何ら瑕疵があるものではないと考えておりまして、一日も早く普天間飛行場の移設が完了するように、全力をあげて工事の方も進めていきたいと考えております。

Q:午前中も聞きましたけれども、今の工事については、変わりなく続けていくという考えでよろしいでしょうか。

A:法律に従いつつ、住民の皆様方の環境への影響や、また関係者の状況などを見ながら、作業は進めて参りたいと思っております。


ご意見ご要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊