大臣会見概要

平成27年5月12日(08時45分〜09時02分)

1 発表事項

 昨日、米国政府から外務省に対して、2017年、平成29年後半から、CV−22オスプレイ、これを横田飛行場に配備する旨の接受国通報がありました。また、本日早朝に、米国防省が同様の内容を発表いたしました。わが国の取り巻く安全保障環境が厳しさを増す中で、米国がリバランス政策、また、即応態勢整備の一環として、高い能力を有するCV−22をわが国に配備するということは、日米同盟の抑止力・対処力の向上に資するというほか、アジア太平洋地域の安定にも資すると考えております。また、わが国においても、首都直下型地震とか、南海トラフ地震、こういった大規模災害が発生した場合に、迅速かつ広範囲にわたって、人道支援・災害救援活動を行うことができるというふうに考えております。政府としましては、地元の皆様方の御理解・御協力を頂けるよう、今後とも誠意をもって丁寧に対応して参りたいと思っております。以上です。

2 質疑応答

Q:今の、オスプレイの関係なのですけれども、米国から通報があったということなのですけれども、具体的にどういった配備の目的であるのか、また、わが方としては、どういった目的となると考えてらっしゃるのでしょうか、大臣は。

A:米側によると、最初の3機を2017年、平成29年後半に配備をして、2021年、平成33年までに計10機を配備する予定ということです。CV−22の配備は、米国のアジア太平洋地域政策を重視するという、リバランスですね、これを体現をするものでありますし、また、即応態勢整備の一環でありまして、日米同盟に対する米国のコミットメントを示すものであると。また、わが国を取り巻く安全保障環境が非常に厳しくなってきておりますので、非常に高い、このCV−22、今のヘリよりは、スピードも航続距離も、また、ペイロードという搭載能力も著しく増えるわけでございますので、非常に能力が高まりますと、日米同盟の持っている抑止力と対処力、こういうものを向上させまして、アジア太平洋地域の安定に資するというふうに考えております。

Q:オスプレイということで、安全性とかいろいろ、地元ではきっと不安の声もあろうかと思うのですけれども、そういうものに、どうやって説明していくお考えでしょうか。

A:私も今回の訪米で、実際にオスプレイには搭乗致しました。この安全性につきましては、全て、米国は安全性の基準というものがありまして、2007年にCV−22、これの運用を開始したということですね。また、MV−22、これ沖縄の海兵隊のオスプレイなのですけれども、この配備に際して、2012年、平成24年に日本国外で生じたMV−22及びCV−22の事故の調査結果について、わが国政府として独自に分析評価、これを行うことによって、機体の安全性を確認したということでございます。いずれにしても、同年の9月に、日米合同委員会の合意に基づいて、これまでの事故を踏まえた十分な再発防止策が採られていることを確認を致しました。これで地元住民に十分な配慮がなされて、最大限の安全対策が採られることを日米間で合意を致しておりますので、これらの点を総合的に勘案を致しまして、日本政府としては、MV−22の運用について、その安全性は十分に確認されたというふうに判断をしております。

Q:地元への説明も行うのですか。

A:本日ですね、地元に説明をして参ります。安全性についてもう一点言いますと、CV−22とMV−22は、これは任務が異なるということで、搭載装備に一部の異なる部分がある別機種でありますが、両者とも機体の構造と基本性能、エンジン、飛行システムの基礎が同一でありますので、安全性は同等であるということで、現在もMV−22は運航を続けておりますが、事故等は起こしておりませんので、このCV−22につきましても、確認された機体の安全性につきましては、同様であると考えております。説明はして参ります。

Q:フィリピン海軍とわが方の海上自衛隊が、本日、南シナ海の近傍で訓練をするというふうに伺っておるのですけれども、その訓練の意図と今後のフィリピン海軍との連携について、大臣はどのようにお考えでしょうか。

A:海上自衛隊は本日、マニラ西方海域において、フィリピン海軍と共同訓練を実施を致します。海上自衛隊からは、派遣海賊対処行動水上部隊の第20次隊の護衛艦「はるさめ」及び「あまぎり」、フィリピン海軍からは、フリゲートの「Ramon Alcaraz(ラモン アルカラス)」が参加をしまして、CUESと言いますが、これは「洋上で不慮の遭遇をした場合の行動基準」ですが、これを用いた通信訓練、また、戦術運動訓練、これを実施致します。この訓練は、本年1月の日本・フィリピンの防衛相会談におきまして、このCUESの着実な運用と、更なる発展、ひいては日比の両国の海洋安全保障協力の強化のために、訓練等も実施をしていこうということで合意された一環でございまして、こういった日本とフィリピンが訓練をするということは、非常に意義の大きい訓練であると認識しております。

Q:オスプレイのことなのですけれども、米空軍が扱うということなのですが、特殊作戦部隊が使うので、日本国内でいったいどういう場所で、どんな演習をするのかというのは聞いているのでしょうか。もうひとつ、嘉手納というのも1つの候補地だったと思うのですけれども、それがなぜ横田になったのかということについて、米軍からの説明はありましたでしょうか。

A:まず、MV−22というのは海兵隊の航空部隊なのですが、CV−22というは空軍の輸送機であります。これは、アジア太平洋地域の複数箇所に所在する、米軍の各軍種の特殊作戦部隊等を輸送する任務を持っておりまして、なぜ横田かということにつきましては、運用・訓練上のニーズ、機体整備のための施設が活用できるということ、そして10機のCV−22やその要員を受け入れるためのスペースを有しているということから、総合的に勘案した結果、横田飛行場、これが選定をされたということでございます。首都圏にこういったオスプレイが存在するということは、最初にも申し上げましたように、わが国全体の安全保障に資すると同時に、また首都圏直下型の地震とか、南海トラフ大地震とか、こういった大規模災害等にも対応できる点がありますので、それなりの意義がありますが、そういう点も踏まえて米軍として運用されるというふうに思っております。

Q:沖縄に行かれたときに、基地の集中する沖縄を何とかしなければいけないということもお話しされてましたが、そういう点からは、今回の本土配備ということをどういうふうに受けていらっしゃいますか。

A:これは、米国の判断によってですね、田に配備をするということでありますが、沖縄でも申し上げましたように、わが国の防衛に関する在日米軍の存在というのは、単に沖縄のみならず、全国各地でこういった基地の負担、これも受け入れ、日本の安全保障のために寄与できるように、理解をして、支援をしていただくべきでありますので、私は、沖縄以外においても、こういったものの活用とか必要性においては、等しく考えていただく必要があるというふうに思います。

Q:特殊作戦に関してなのですけども、CVを使った特殊作戦というのは、基本的にこれまで中東なんかではよく行われてきた、そういうものを想定した飛行機だと、オスプレイだと思うのですけども、こうした特殊部隊の投入を伴うような作戦の、日本の安全保障に直接資するというか、抑止力に資するというようなシチュエーションというのは、具体的にどのような場面を考えてらっしゃいますでしょうか。

A:それは、米軍の運用でありますが、各種事態の米特殊作戦部隊の迅速な長距離輸送という任務を達成するということで、実際、通常どうするかということは、これを踏まえた通常の飛行訓練、低空飛行訓練、また、夜間飛行訓練、こういうことを実施をするということになっております。また、輸送対象となる米特殊作戦部隊とは、共同で訓練を実施することになるという旨、米国から説明を受けておりますが、訓練場所については、主に、米軍の施設・区域のほか、自衛隊の訓練空域等を予定していると米側から説明を受けております。任務につきましては、いろいろな事態がありますので、いろいろな事態に対応するというふうに考えております。

Q:低空飛行とおっしゃいましたけれども、特殊作戦に資するような厳しい条件下での飛行訓練というのも、日本本土の上空でやるという説明を受けてらっしゃるということでしょうか。

A:通常の飛行訓練に加えて、低空飛行訓練、夜間飛行訓練、そういうものは実施をいたしますが、実施をする場合もですね、もうすでにMV−22というオスプレイをわが国として受け入れておりますが、この際の日米合同委員会の合意、これを含む既存の全ての日米間の合意を遵守をしていきますし、また、その合意におきましては、地域住民に十分な配慮がなされて、最大限の安全対策が採られていることを両国で合意を致しております。低空飛行訓練につきましても、原則として、地上から500フィート、約150メートル以上の高度で飛行をするということとされておりまして、この低空飛行訓練を実施する場合においても、わが国におけるCV−22の運用の安全性というものを十分確保されておりますが、この点においても、米側に安全性についての要望等も行っていきたいと思っております。

Q:海自とフィリピン海軍との共同訓練なのですけれども、どのような経緯で今回こういうことになったのか。フィリピン側からの要請だったのか。そのあたりをもう少し詳しく教えていただけますか。

A:本年1月にですね、フィリピンの国防大臣が参りまして、そこで共同訓練などの重要性、実施等については合意をいたしております。その後、当局間の協議等もございますが、今回、フィリピン海軍との共同訓練という機会をいただいたわけでありまして、主にメインのテーマがCUESというですね、指揮通信連絡、通信訓練でありますので、わが方にとっても技量の向上になっていくものではないかということで、今回は、フィリピン側からですね、そういった話もありましたので、それに参加するということでございます。

Q:CVの件で。任務として特殊作戦部隊の搬送というのがあると思うのですけれども、10機、将来的になるというこの部隊は、組織上はどこに属する部隊になるのですか。

A:特殊作戦部隊というのは、米軍、世界各地にありますが、わが国周辺から言いますとですね、まず、沖縄にですね、陸軍第1特殊部隊群第1大隊、そして、空軍第353特殊作戦群120特殊戦術中隊が所在をいたしております。こういった部隊等に対して、初動対応を行う米軍の特殊作戦部隊を輸送するということを主な任務としております。

Q:沖縄に飛来することが多くなることが想定されるということですか。

A:部隊は、沖縄に所在をいたしておりますが、米側はですね、沖縄をはじめとして、米軍の運用による地元の影響の軽減を常に考えておりますので、こういった点におきましては、沖縄に飛来するということも考えられますが、現時点において、沖縄における具体的な飛行運用については、米側から説明を受けているわけではございません。

Q:沖縄の部隊なんですか。

A:特殊作戦部隊は沖縄に所在するということです。

Q:そうなりますと、沖縄の、政府が進めている負担軽減というものと矛盾が生じるんじゃないかという指摘がありますが、この点いかがですか。

A:そうでしょうか。横田にそのオスプレイの部隊の拠点があるわけですから、沖縄に基地があるというわけではないです。

Q:沖縄での訓練というのは、これまで以上に激化されないという日本政府としての認識なのでしょうか。

A:現在もですね、訓練等の沖縄以外への移転を要望をいたしております。米側におきましてもですね、沖縄をはじめとする米軍の運用による地元の影響の軽減をですね、常に考慮をしていただいております。


ご意見ご要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊