大臣会見概要

平成26年10月14日(08時38分〜08時40分)

1 発表事項

 なし。

2 質疑応答

Q:今週木曜日にオーストラリアの国防大臣との会談が発表されましたが、狙いを教えて下さい。

A:ジョンストン国防大臣とは、日豪のこれからの防衛交流、これを積極的に進めていくという、そのことが一番大事な趣旨でございます。

Q:オーストラリアですと、日本の潜水艦の導入を検討しているという報道もありますけれども、その辺りについてはどういった。

A:まだ議題等は決定しておりませんので、決定され次第、御報告したいと思っています。

Q:特定秘密保護法の運用基準の閣議決定なのですけれども、これまでの経緯の中では、自民党内からでも「知る権利が守られるのか」とか、「恣意的な運用の余地があるのではないか」と言われて、懸念の声も上がっていました。この点についてはいかがですか。

A:私自身は、それは大丈夫だと思っておりますけれども、詳しいことは多分、官房長官の方から御発表があろうかと思っておりますので、そちらの方でお聞きになっていただければありがたいなと思っております。

Q:今月末に、日韓防衛次官級協議をソウルで行うという報道がありましたけれども、調整の状況はいかがでございますでしょうか。

A:そのようなお話は聞いておりますけれども、まだ確たる、私自身に報告がありませんので申し訳ございません。

Q:オーストラリアですが、ちょっと戻って恐縮なのですけれども、ガイドラインの中間報告を受けてどのようなことをお話ししたいと思っていらっしゃいますか。

A: どのようなというふうに言われても、どういう議題がこれから挙がるかは別にしても、お互いに協力し合えればというふうな思いはあるわけであります。

以上


ご意見ご要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊