大臣臨時会見概要

平成26年9月25日(15時36分〜15時41分)

1 発表事項

 なし。

2 質疑応答

Q:今日、午前中に入間基地、そして今まで練馬駐屯地を視察されました。ご感想と受け止めをお願いします。

A:両地を視察させていただいて、隊員の方々の練度は非常に増しているなと思っております。特に、事態対処能力というのは、かなり上がっているのではないかとの感じを受けました。

Q:視察に先立ちまして、アメリカのヘーゲル国防長官と電話会談を行ったと思いますが、その中で、沖縄の負担軽減についてもお話が出たと思うのですが、5年以内の普天間飛行場の移設に関して、アメリカ側と協力していくというような話というのは、今後できるとお考えでしょうか。

A:今回、ヘーゲル国防長官と初めて電話会談させていただいたわけでありますけれど、その中において、米軍再編にかかわる沖縄の負担軽減、このことは大変重要なことであると、ですから米側に対しても「協力を要請したい」ということで私からもお願いしまして、ヘーゲル国防長官も「お互いに話し合いながら可能なことを進めていこう」というお答えをいただいたところです。

Q:その中で、具体的な内容というか、期限については出たのでしょうか。

A:そこまではお話は出ませんでした。

Q:それは今後の課題ということでしょうか。

A:これからです。とにかく、できるだけ早めに「Face to Face」で会えるような形を作りましょうね、ということで。何せ、10分あるかなかったものですから。

Q:沖縄の視察にいらっしゃったと思うのですが、電話会談の中では出なかったと思うのですが、シリアの空爆について、その後大臣の方で、情報収集をしてからというお話がありましたけれども、日本側としての対応、受け止めというのはどのようにお考えですか。

A:今までもそうなのですけれども、日本側はこのテロということに対しては、ずっと一貫として非難してきたわけであります。また、アメリカをはじめ国際社会の国々の方々が、このテロとの戦いを進めているということに対しては、我々も支持しているということは、今までも、歴代各閣僚もお話していることだと思っています。特に今回、アメリカの空爆についてなのですけれども、これはやはり、イスラム国がいろいろ過激な活動を続け、これ以上厳しい状況にならないためという、そのための措置であるというふうに我々は理解しているところであります。

Q:来月の19日に、和歌山県で県と自衛隊の共同の災害訓練があると聞いていまして、その中で米軍のオスプレイが参加するという情報があるのですが、事実関係と、例えば三役のどなたが。

A:すいません。まだその辺のところ詳しい報告いただいていませんので、報告いただいてからお答えさせていただきたいと思っております。

Q:大臣、日中海上メカニズムが合意されましたけれども、具体的にどのように進めていきたいか、受け止めとともにお願いします。

A:合意というか、これから進めていくということでの合意であろうと思っております。海自というと海の方においてですけれども、CUESの方がお互いに発令されて、ただそれだけではなくて、一歩進んだ形としてのこの日中防衛当局間の海上連絡メカニズム、空の方の部分も含めてですけれども、きちんとできるような態勢にしていくということが、両国にとって大変重要なことであろうと思っております。ですからこそ、今ようやく再会談ができて、これから本格的な話合いで進めていくという形でしょうから、我々は、粛々とこのことがきちんとできるような形で進めていきたいというふうに思っております。

Q:今の日中情勢の中で、どうしてその連絡メカニズムが必要なのか、重要なのかというところを改めて、もう少し具体的に教えていただきたいのと、どうしてここに来て、中国側が協議の再開に応じてくるようになったのかという、その辺りはどうお考えでしょうか。

A:両国においても、これ以上の不測な事態が起こらないような形を作っていくということが、一番大事であろうというふうにお互いに認識し合ったということではないでしょうか。ですからこそ、そこに向けて我々が、共に協力し合って歩んでいこうという、そういう形になろうかというふうに思っております。

Q:協議再開のタイミングについては、いつが望ましいとお考えでしょうか。

A:できるだけ早い方が良いと思ってはおりますけれども。

Q:総理は11月のAPECの際に、日中首脳会談に意欲を示してますけれども、そのAPECの前に再開をさせたいというお考えはありますでしょうか。

A:できるかできないかは、相手方もあることですし、その辺のところは、我々は探求していかなければいけないというふうに思っております

Q:ということは、検討をしていくということですか。

A:はい。

以上


ご意見ご要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊