大臣会見概要

平成25年3月8日(08時41分〜08時45分)

1 発表事項

 なし

2 質疑応答

 Q:アメリカ軍のオスプレイですけれども、一昨日から岩国基地を拠点にした訓練が行われていますが、これまでの具体的な訓練内容として把握されているのは、どこまで把握されているのでしょうか。

 A:当日にオレンジ・ルートを飛んで岩国に入り、その後、昨日は夜間の飛行訓練、短時間でありましたがあったということは把握をしております。

 Q:国連の安保理で北朝鮮に対する制裁強化の決議が採択されましたけれども、その受け止めをお願いします。

 A:今回の制裁というのは、中国も入った形で拘束力のある金融関係での制裁ということですので、これが実際行われれば、かなり効果が出るのではないかということを期待しております。

 Q:邦人輸送に関してですが、自衛隊法の改正を巡って、今、与党のPTで議論を続けていて、早ければ今日の会合で結論を出すというようなことなのですが、改めて防衛大臣として、現況の邦人輸送の自衛隊法改正に関してのあるべき姿というか、大臣は2010年には議員立法で提出者にもなっていますが、そこのあるべき姿と、法改正に向けての今国会でやるべきかどうかというようなスケジュール感をお持ちであれば、お聞かせ下さい。

 A:これは与党のPTの中で今検討されていると思いますので、その正式な結果を待ちながら、私どもとしてはしっかり法案作成の準備を整えていきたいとは思っております。やはり今回はその議論の中で、例えば陸上輸送の問題等も出てくると思いますので、武器使用を含めた形での検討、これが大変重要だと思っております。いずれにしても、今後、政府与党と一体となって様々検討していくことになるのだと思いますので、その検討状況をみて、我が省としては準備を整えていきたいと思っております。

 Q:北の制裁決議の関連ですけれども、これまでアメリカと北朝鮮の間で、かなりやりとりが緊張状態になっていますけれども、そういった現状についてはどう見てらっしゃいますでしょうか。

 A:これは今回の事案のみならず、通常、北朝鮮の動きについては、私ども警戒監視をしっかりしておりますので、その延長線で、今、北朝鮮が盛んに挑発活動を行っている、挑発する発言を行っていると思っておりますが、そのことについてはしっかり収集をし、また警戒監視を継続していきたいと思っております。

 Q:オスプレイの件なのですが、以前、沖縄県の方から防衛省の方に300件以上の合意違反の指摘がされているのですが、当時「精査してきちんと調査したい」というお話があったのですが、現在そういった違反事項についての確認等どのような作業になっているかお聞かせください。

 A:これは頂いた違反事項について、一つ一つ現地の防衛局を含めて検討していると報告は受けておりますが、まだ正式にこういう形で明確な違反事案が見つかったという報告は受けておりませんが、その後どうなったかの経過については確認をしたいと思っております。

以上


御意見御要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊