大臣会見概要

平成24年8月31日(9時22分〜9時35分)

1 発表事項

ご承知のとおり、自衛隊は国連南スーダン共和国ミッション、いわゆるUNMISSの活動を行っておりますけれども、 この活動における日本とオーストラリアの協力の開始について今回は皆さんにご説明しますが、 日本とオーストラリアは2007年の「安全保障協力に関する日豪の共同宣言」などにおいて、国連平和維持活動等を通じた協力を強化するということにしております。 防衛省・自衛隊は、イラク人道復興支援活動や国連平和維持活動等の現場において、オーストラリア軍と様々な協力を行ってきたところですが、 この度、両国が活動するいわゆるUNMISS、国連南スーダン共和国ミッションにおいても、 日豪間での協力ができないかオーストラリア側から累次にわたる提案がありましたので、 我が方としては、現地部隊のニーズも踏まえて日豪の防衛当局間で協力可能な分野などについて今まで協議を重ねてきた結果、 オーストラリア国防省は自衛隊の現地支援調整所と協力するため、2名のオーストラリア軍の要員を新たに南スーダンのジュバに派遣するということを決定しました。 このオーストラリア軍の要員は、今日8月31日、現地時間ですけれども、今日から現地支援調整所と同じ場所で勤務を開始し、 国連を含む関係機関との連絡調整支援のための連絡業務の提供等の分野で日豪間で協力を開始するということになりました。 防衛省・自衛隊といたしましても、自衛隊とオーストラリア軍の協力が国連の行う南スーダン共和国の国づくりに貢献できるということを考えており、 これ全体が日豪の防衛協力の発展につながると考えており、日豪間でこういう合意に至ったわけであります。 細部については、私が今行っている会見の後、担当課から細部を皆さんにご説明いたしますので、それをお聞きいただければありがたいと思います。

2 質疑応答

Q:今日の未明にかけてだと思いますが、オスプレイのフロリダでの事故についての説明を米側から受けられたと思うのですけれども、その概要と大臣としての受け止めをお願いします。

A:昨日30日、ワシントン時間で午後、CV−22のフロリダにおける事故について、空軍が事故調査結果をまとめたので、我が方の分析チームがブリーフィングを受けました。週末に戻ってきて月曜日に報告を受けてから皆さんに説明しようと思いますけれども、今のところ、全く結論の部分しか電話で聞いておりませんので、細部はよくわかりませんけれども、今回の事故はいわゆる米空軍のCV−22が2機編隊でフロリダの訓練場で訓練を行っている際、2機が前後で飛行していて旋回を、どちらに旋回したのかというのも私はまだ聞いてはいないのですが、旋回をしているときに、前にある飛行機の方から発生した気流の流れの中に、後ろの後継機が入ってコントロールを失って墜落したという、いわば人的な要因で事故が起きたという結論だけを聞いております。一部、アメリカ側から公表が行われていると思いますが、まだデリゲーションが帰ってきていませんので、繰り返しになりますけれども、月曜日に報告を受けてから皆さんに説明できるところがあれば説明申し上げたいと思います。細部はしたがって来週ということにさせていただきたいと思います。

Q:改めて人的ミスだったということが結論だけでもあるのですけれども、それについての受け止めを一言だけお願いします。

A:モロッコの事故、今回のフロリダの事故、もし共に、後の方も人的要因ということだとすれば、人的要因をどのようにこれから飛行の安全を維持する、確保するために措置ができるのかということについては、今後の日米合同委員会を通じて行う日米間の調整、非常に重要なテーマになり得ると受け止めています。

Q:前回のモロッコの報告ですが、地元ないし国会内で非常に結果が不十分というか、内容が非常に疑問が残る点が多いというのが意見として出ているのですが、今度出されるフロリダを含めた全体的なチーム報告書というのは、どのようにそういった指摘を受けて変えていきたいというふうに思われているのか。

A:今申し上げたように、どういう説明を受けたのかということを、細部まだ説明を私、大臣として受けておりませんので、帰ってきたらよくブリーフィングの内容を聞いてから、どういうふうに皆さんに説明するのが一番皆さんに理解していただけるのか、そのときに検討したいと考えております。

Q:今のフロリダの事故結論部分だけなのですが、オスプレイ特有の機体の構造上に欠陥なり問題があるということではないというふうに捉えていいのでしょうか。

A:正直言ってまだそこまで聞いておりません。結論だけを電話で聞き取っただけなので、アメリカ空軍の説明は人的な要因が事故の主たる要因であったという説明があっただけで、機体にどういう問題があったかというのは、細部まだ説明受けていません。

Q:大臣が昨日、地元の方で仰った体験搭乗について、一般の方が関心を寄せられているのですが、これは一般の希望者についても応募という形でオスプレイの試乗が予定されているのでしょうか。

A:言葉は余りよくないのですが、いわゆる体験搭乗というのは、日本側がアメリカに申し入れているところです。具体的なことについて、まだ日米間できちんと詰めが行われているわけではなく、日本側がアメリカに要望しているというところで、どういうスタイルや方法で行われるかというところも含めて、まだ決まっていません。アメリカ側がどれくらいのものを受入れるかということをきちんと回答してきたら、我が方として計画を作りたいというふうに考えています。

Q:スーダンの関係で、日豪との防衛協力という意味で、「2+2」の調整をしていると仰ったのですけれども、その辺の見通しはその後どのように。

A:今、日程を調整しているところです。豪州側も「2」ですから、いわゆる外務を担当する大臣と国防大臣の日程がどういう辺りでとれるか。その日程が我が方の日程と合えば調整できるのですけれども、我が方もご承知のとおり民主党の代表選挙等の日程がありまして、我が外務大臣は当然のことながら党員なので、我が方の日程と豪州側の日程を今調整しているところです。できるだけ早く具体的な日にちを詰めたいということで、我が方の大使館を通じて、現在メッセージを投げているところです。

Q:フロリダでの発言なのですけれども、「機体に問題がないかを詳細を聞いていないので分からない」と仰ったのですけれども、通常の飛行機やヘリが2機で飛んでいて、前の飛行機の気流に巻き込まれて事故が起きるというのは、通常あり得ることなのでしょうか。

A:私も細かい空軍のマニュアルというのをまだ説明を受けていないのですが、当然のことながら飛行機というのはエンジンで、この場合多分、固定翼のモードで飛んでいただろうということを想像するわけです。どちらにせよ、エンジンの噴射の気流というのが後ろに出てきて、それによって気流の乱れというのが、タービュランスというのが起き、その中に機体を入れないというのは、普通どの様な飛行機であっても同じことなので、どういう位置関係にあったのかというのは、旋回しているところということで、どういう位置関係にあったかというのは細かくブリーフィングを受けてみないと私も分からないのですが、通常、常識的に考えて前方の飛行機の機体から出てくる機体の流れ、気流の流れの中に次の飛行機が機体を置くというのは、どこの国であれ、同じことだと思うのです。流体力学的にいうと、そういうことは本来、回避すべきものだと。ただ、どれくらいの距離があったのかということが、私にはまだ分からないので、何ともブリーフィングをよく聞いてみないと判断できないということだと思います。

以上


御意見御要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊