大臣会見概要

平成24年2月14日
(09時57分〜10時02分)

1 発表事項

 なし。

2 質疑応答

Q:大臣、今日で就任してから丁度、1ヶ月を過ぎまして、この1ヶ月間の成果なり、今後の抱負なりをお聞かせいただけますでしょうか。

A:在日米軍再編につきまして、日米協議の方向性を示せたということは、大変成果があったのではないかと思っています。これから、沖縄県の要望を踏まえまして、いろいろとお伺いをして、そして、パネッタ米国防長官との電話会談に臨まねばということでございます。もう一つは、陸・海・空の自衛隊の第一線の駐屯地に参りました。27万人の方々が、本当にご精励いただいているということでありますので、私もその役割が更に国民の皆さん方に信頼されるようにと、そしてまた、私も先頭に立っていければと思っております。

Q:今週末、大臣が沖縄にご訪問されるまでに、沖縄防衛局の真部局長の調査結果について、発表されるという報道がありましたけれども、これについて、調査の進捗状況について、お伺いできますでしょうか。

A:引き続き、調査をしております。また、過去に遡って、調査をしております。やはり、業務の適正化ということで、これから誤解なきように、対処していかなければいけないと思っておりますので、調査をしっかりして、そして、結論を出すことにしております。近々、報告はまとまることでございますので、報告を聞くという形になっております。

Q:報告の目途というのは。

A:今、相当まとまってきているということですので、これから日程は決めていくわけでありますが、調査も相当、入念にしておるようでありますので、これからだと思います。

Q:先ほど、パネッタさんの話がありましたが、近く、パネッタさんと電話会談するという。

A:この日米協議の方向性を沖縄県にいろいろとご説明申し上げています。それから当然、基地負担の軽減という大きな課題がありますから、沖縄県の御意見を伺って、そして、臨みたいと思いますので、今、いつ電話会談するかというところまでは決まっておりません。

Q:真部局長の問題なのですけれども、発表は、沖縄を訪問されるまでにという。

A:今、調査中でございますので、それがまとまってから、報告を受けてからということでございます。

Q:そうなった場合に、真部さんに対する処分があるかないかは別にして、沖縄に今度、訪問された場合、結論が出る前に、そのまま真部さんが大臣に対して、説明することに対して、違和感があるというような声も聞こえますけれども、それについてはどうお考えですか。

A:今、調査中でありますし、局長は、引き続き、業務をしていただいているわけでありますから、できるだけ支障がないようにということで、調査は早めるように指示はしてあります。

Q:今日、バレンタインデーですけれども、奥様からチョコレートは。

A:個人的な話は、一切コメントを差し控えさせていただきます。

以上


御意見御要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊