大臣会見概要

平成23年9月20日
(10時01分〜10時06分)

1 発表事項

なし

2 質疑応答

Q:防衛省の装備品を受注している三菱重工のコンピューターのサーバーがサイバー攻撃を受けてコンピューターウイルスに感染していることがわかりましたけれども、この問題についての防衛省の対応について教えて下さい。

A:サイバー攻撃を受けたという話は聞いておりますけれども、三菱重工の大事ないろいろなデータは、外部に漏れたというような話は聞いておりません。我々もその会社とは、いろいろな仕事上の繋がりがありますから、しっかりと管理を徹底していただくようなそういう指導はしてまいります。今後、引き続きしっかりと関心を持って、調査すべきところがあれば調査していきたいと思っております。

Q:予てから国連側から要請がある南スーダンのPKOへの施設部隊の派遣なんですけれども、今日、日米外相会談で玄葉大臣の方からクリントン国務長官への話題として挙げたようなのですけれども、施設部隊派遣に向けた防衛省内の検討状況について教えてください。

A:その前段の我々が調査団を派遣していました司令部要員の件については、「それについては十分関心があります」と表明はさせていただくということは決めておりますけれども、それに繋がる施設部隊の扱いについては、我々内部で検討しており、まだ最終決定した格好にはなっておりません。しかし、今回の一連の国連の総会なり、いろいろな会合の中での判断は、総理に一任し、我々としてはいろいろな判断ができる材料は提供してございます。

Q:三菱重工の件ですけれども、一部報道があるまで三菱重工の方から防衛省に報告がなかったという経緯があるようですけれども、三菱重工からの報告については防衛省としてはどういうふうに受け止めていらっしゃいますか。

A:その辺りはまだ私は細かくは聞いておりませんけれども、従来からのそういった契約している会社とのひとつのルールがあるとすれば、そこをしっかりと守ってもらいたいとは思います。

Q:鹿児島県の馬毛島なのですが、一部報道で、防衛省・政府が所有者に50億円を提示したという記事があったのですが、その事実関係をお願いします。

A:馬毛島の件は我々にとっても非常に重要な懸案事項であるという問題意識を持っておりますけれども、土地所有者に対して具体的な用地買収費の額まで含めて提示したという話は聞いておりません。

Q:南スーダンPKOなのですけれども、今回総理が国連総会の演説の中で司令部要員の派遣については言及するということでよろしいのでしょうか。

A:その辺りの判断は、総理の方にお任せしてあるということです。ただ、我々は常に施設部隊ということになると相当の人数を用意しなければならないわけです。しかも当然安全な状態でその能力を発揮するということが大前提ですから、施設部隊をもし派遣するということを考える場合には、事前の現地調査はしっかりとやる必要があるというお話はさせていただいております。

以上


御意見御要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊