大臣会見概要

平成23年6月14日
(08時35分〜08時37分)

1 発表事項

なし

2 質疑応答

Q:菅総理が第2次補正予算案の取りまとめに意欲を示していますけれども、菅内閣としては、この2次補正の成立まで関与すべきだというふうにお考えでしょうか。

A:それは私にはよく分かりませんけれども、本来、予算というのは編成すれば議会に判断を委ねますから、編成した人が対応しないと議論はかみ合わないというのが一般的だと思います。

Q:少なくとも2次補正の編成までと、菅総理は意欲を示しているということですが、国会の会期延長あるいは菅総理の退陣時期にはどういう影響を与えるとお考えでしょうか。

A:退陣とか政局という視点で、今議論する話ではなくて、とにかく国民のために何を今すぐしなければいけないか、特に今回の震災の被災者のために何を今、しなければいけないかということに視点を置いて、政治は機能しなければいけないと思います。

Q:オスプレイについてですが、「危険性と騒音についてはアメリカ側に言うべきことは今の段階ではない」というお話しでしたけれども、安全性や騒音についてはどのように防衛省としてはご判断されているのでしょうか。

A:これから委員会もあって質問もあるようですから、そこで答弁いたしますけれども、今我々が米側から聞いている数値その他について、特段申し上げることはないし、現に米国の装備の主流になっているということから、いろいろな判断をしていかなければいけないと思っています。


御意見御要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊