大臣臨時会見概要

平成23年1月18日
(16時59分〜17時01分)

1 発表事項

 なし

2 質疑応答

Q:防衛省としては、F−Xの選定を改めて取り組む方向ですけれども、今日F−2、F−4それからF−15を見られて、まずどのようなご感想をお持ちになられましたでしょうか。

A:私は素人だけれども、今説明を受けると、やはり大変進化しているのですね。F−Xはさらにまた、進化したものを調達するということになりますから、今、機種選定作業のチームを作って、これから取り組んでいきますから、良い参考になりました。

Q:F−Xについては、特にF−4の後継機という位置付けになりますけれども、実際のF−4を見られて、どのようなご説明を受けて、どのようなご感想をお持ちになったのでしょうか。

A:F−2と比べると内部構造もみんなアナログがデジタルになっているというような、我々素人から見ればその程度のことなんですけれども、さらに上を行く第5世代機ということになりますから、相当慎重に検討しなければいけないということです。

Q:改めて、F−Xの選定に向けて、作業を本格化させたいというような・・・。

A:もちろん、先日チームを立ち上げましたから、本格的にやるということです。例えば、F−35の場合は米国から相当な資料を調達するように予算計上をしましたから、今年中に結論を出して、再来年度要求する予算へ調達の経費を計上するという予定にしています。


御意見御要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊