大臣会見概要

平成22年11月12日
(08時37分〜08時40分)

1 発表事項

 なし

2 質疑応答

Q:自衛隊のアフガニスタン派遣についてですが、大臣は昨日の衆・安保委員会で、「調査団を派遣する」というような考えを仰られましたけれども、その時期と規模、あるいは対応についてはどのようにお考えになっていますか。

A:まだ全く決まっておりません。

Q:時期についてもまだ・・・。

A:そうです。

Q:海兵隊のグアム移転なのですが、これについて安住副大臣が、「来月には融資のスキームを決めたい」ということも仰っていますけれども、その事実関係についてどうなっているのかということと、アメリカ側から追加融資についてもやってほしいという話しもありますけれども、これについてはどのようにお考えですか。

A:早く決まることは良いことなのだけれども、追加融資という話は特別きていません。時期的にはなるべく早く決めたい。7.4億ドルというものが決まっているわけだけれども、それをどのように実施するかということが曖昧だったということから、協議をしているということです。

Q:大臣としてもやはり来年度予算要求にかけないと、グアム移転の融資に関して事業に影響があるとお考えでしょうか。

A:2014年という目標がありますから、全てのものがなるべく早く決まることは良いことだと思っております。

Q:日米首脳会談が予定されていますが、安全保障を司る防衛大臣の立場から見て、今度の首脳会談にどのような期待があるのか、そして日本側として、安全保障面でどういうメッセージをしっかりと伝えるべきだとお考えでしょうか。

A:日米の同盟がより強固なものになるような両国政府の首脳会談であって欲しいと思っています。
 最後に一言皆さんにお伝えしますが、皆さんはアフガニスタンへ派遣することを前提に色々なことを書いていますけれども、全くそういうことは決まったわけではなくて、アフガニスタンへ派遣ができるかどうかということを色々検討して、更に現地も調査をしてみたいということです。以前、スーダンへ調査団を派遣して、結果的に派遣しなかったという事例もありますから、そういう意味で正確な報道をお願いします。


御意見御要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊