大臣臨時会見概要

平成22年3月26日
(09時18分〜09時23分)

1 発表事項

 なし

2 質疑応答

Q:今、仲井眞知事との会談で、現行案については、極めてゼロに近くなったという主旨のことを仰いましたが、現行案は断念ということでよろしいでしょうか。

A:それはゼロベースですから、断念とはいいませんけれども、沖縄の県民の皆様方の期待感、それから長年に渡ってご負担を与えてきたことに対して、この期に沖縄の気持ちに対して案を作成していますからそういう方向性であるということです。

Q:先程、会談の中で、分散移転について触れられましたが、この点については現時点でどのように進めていこうとお考えでしょうか。

A:2014年という期限がありますけれども、ただ、全部が片づいたら普天間から移設するという従来的なことではなくて、徐々に地域も分散しながらやっていくというのが、先日の官房長官からの中間的な報告ですから、ちょっと筋書き的なことを申し上げるという意味で申し上げたところです。

Q:昨日の夜は、非公式に仲井眞知事とお会いになったという報道ですけれども、知事とお会いになってどういう報告をなされたのでしょうか。

A:私は、この前、知事と朝会ったという報道がありましたけれども、非公式にどなたとお会いする、あるいはお会いした場合でも、相手のお立場もありますからその事については申し上げないことにしております。

Q:政府では、いろいろ検討されていると思うんですけれども、報道に出ている案としては、陸上案やホワイトビーチ案や徳之島への訓練移転案などいろいろありますけれども、現時点で大臣のお考えとして、今朝の報道で2段階でという話もあるんですけれども、当面、陸上案プラス訓練移転をどこぞの島にして、それで当面対応して、その後、ホワイトビーチなどを埋め立てる2段階の方法を考えているということが現時点であるんでしょうか。

A:まだ、そんなことをやっているということではなくて、各党から上がってきた、或いは政府として考えているオプションを整理して、これを米側と協議する中で軍事的にも、それからもっと大きくいえば抑止力の問題も含めて整合性のあるものをいくつか残して、それから基本的な案を作るというまだ、中間地点というところだと思います。報道はどんな取材を基にしてお書きになっているか解りませんけれども、今朝はまだ、あんまり新聞を読んでいません。

Q:今朝の知事との会談の前に、冒頭に公式か非公式か解りませんが、会談したかと思うんですが、中間報告のもう少し突っ込んだ概要を説明されたのかということと、昨日、県議会議長と会談されていますけれども、県民大会について大臣のお考えをお聞かせ下さい。

A:知事と冒頭にちょっとお話ししたのは、沖縄県内の空気を教えて頂くというそっちの意味合いが多い訳でありまして、知事からもかなり適切なお話を頂戴したと思っております。県議会の方は、決議をされたことでありますから、決議が全会一致という歴史的な決議であるというようなことをお伝え頂いたと認識しております。

Q:アメリカとの交渉、今日の岡田さんとルースさん会談がスタートしたということですが、今後の対米交渉は、実務者レベルの進め方はどのようにお考えでしょうか。

A:事務レベルの協議も相当必要ですから、多分そういうお話をなさったのではないでしょうか。

 
御意見御要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊