大臣会見概要

平成21年11月4日
(08時50分〜08時54分)

1 発表事項

なし

2 質疑応答

Q:アフガニスタン支援についてなのですけれども、先日、「複数案を防衛省ができることを提案する」と仰っていましたけれども、すでにされたのか、また、一部報道で、「作戦本部に自衛隊員を派遣する検討に入った」ということもありましたけれども、そういったことも含めて教えていただければと思います。

A:先週の金曜日、3大臣で内々の協議をしまして、防衛省とすれば「自衛隊としてどういったことができるか」ということを事務方に詰めていただいて、もちろん幕僚も入ってですけれども、多様なメニューを作って、それを説明したという段階であり、特段、一部報道にあるように、「その中から一つを抜き出してこれをやる」というというようなところまでは全くいっていません。

Q:その提示されたメニューの中には、「自衛隊員を派遣する」といったことは入っていたのでしょうか。

A:全然ゼロということではないです。ただ、それをするかしないかということは全く未定ですから、「こういうこともぎりぎり可能ではないか」ということも含めて口頭で説明しました。

Q:具体的にまだどうするという話しではないと。

A:そうです。表に出るような話ではありません。

Q:普天間に関してなのですが、先日いらっしゃった仲井眞知事が訪米ということなのですけれども、現在の普天間の進捗状況等、どのようになっているのでしょうか。

A:普天間については、総理が国会で答弁しているように、外務省は外務省、我々は我々で、ぎりぎり可能な解決策を総理に提出するように今、最善の努力をしているということです。

Q:アフガニスタン支援策については、いつまでに政府として、防衛省のオプションも含めて決定する予定で考えているのでしょうか。

A:これは、防衛省が決めるとかそういうことではなく、一様の考え方を提示してありますから、これを内閣全体としてどう取りまとめるかということです。さらに防衛省の方に、今度は「こういう案はどうでしょうか」という話しが多分くるのであろうと思いますので、そういう問い合わせ、あるいはまた、検討の指示があれば直ぐ対応できるようにはしておきます。

Q:今日、一部報道で「情報漏洩防止のための抜き打ち検査日を漏洩した」ということがありました。これは、担当者を処分しないということですが、この事実関係をお願いします。

A:これは、前内閣の時のお話しでして、私が大臣に就任してからそういう報告は受けておりまして、それについて今、鋭意調査をしてしかるべき処分はしなければいけないと思っていますが、口頭による指導は既に行っているようであります。


御意見御要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊