次官会見概要

平成21年7月16日
(15時00分〜15時03分)

1 発表事項

 なし


2 質疑応答

Q:明日、米国のグレッグソン国防次官補と実務者協議をされる予定ですが、具体的にどういった課題について協議するお考えかをお聞かせ下さい。

A:いわゆるトライラテラルと我々は言っておりますが、日米韓の防衛実務者協議が明日17日、東京において行われる予定でございます。我が方からは防衛政策局長の高見澤が、アメリカ側はグレッグソン国防次官補、韓国からは金相基(キム・サンギ)国防部国防政策室長が出席をするという予定でございます。前回、昨年11月に実施しておりますけれども、今回の協議におきましては前回の協議における議論などを踏まえまして、北朝鮮をめぐる諸情勢、各国の防衛政策等、また海賊対策などの安全保障上の諸課題について広く意見交換を行う予定でございます。なお、これ以上の具体的な協議の内容については、アメリカ・韓国との関係もございますのでお答えは差し控えたいと思います。

Q:関連してですけれども、現在来日中のグレッグソン国防次官補およびキャンベル国務次官補も来日されますが、日米の外務・防衛のいわゆる「2+2」の実務者協議も調整中とのことですけれども、現時点で日程等の進捗状況はどのようになっているのでしょうか。

A:今週、東京において、グレッグソン国防次官補およびキャンベル国務次官補と防衛省および外務省の関係局長との間で協議を行う方向で調整中ですが、日程や議題については、まだ調整中でございます。


御意見御要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊