次官会見概要

平成21年4月20日
(15時00分〜15時03分)

1 発表事項

 なし


2 質疑応答

Q:北朝鮮によるミサイル発射事案なのですけれども、落下物の回収については、現在どういう状況でしょうか。回収を実際に行う可能性があるのかどうかも含めてお伺いしたいと思います。

A:全般として、北朝鮮による今回の発射につきましては、色々な分析を行っているところであります。今、ご質問にありました落下物につきましては、現段階ではその落下地点が特定されていません。回収の技術的困難性などについて見通すことが出来ない状況でございます。また、海上に落ちた落下物につきましては、一般にその回収が困難であることもございます。回収作業の法的性格をめぐる確立した国際法上の解釈はありませんが、実際の回収に当たっては、法的側面も考慮する必要があるものと考えているところであります。いずれにいたしましても、ご指摘の落下物の回収につきましては、今後、このような前提となる諸条件が明らかになったところで、構造の解析等を行うことの有用性、費用対効果等を勘案して、政府全体として判断すべきものと考えているところでございます。

Q:分析結果について発表の目処は、いつ頃でしょうか。

A:分析結果につきましては、前回の会見でもお答えさせていただきましたけれども、作業を進めているところでありまして、まだ「いつ頃」ということを申し上げる段階には至っておりません。


御意見御要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊