大臣会見概要

平成21年4月7日
(09時08分〜09時10分)

1 発表事項

 なし


2 質疑応答

Q:アメリカのゲイツ国防長官とカートライト統合参謀本部副議長とが会見をしまして、今回の北朝鮮の飛翔体の発射について、「2段目の切り離しに失敗をした」というふうに評価をしているのですが、現時点での日本政府の2段目に対する評価はいかがでしょうか。

A:まだ我々のデータ解析は終わっておりませんので、今の段階では、アメリカのような判断を下していません。現在解析中というふうにお答えしたいと思います。

Q:そのデータの解析が終わる目途ですが、何らかの概要を示す目途などは立ちますでしょうか。

A:まだ私の方も報告を受けておりませんので、できるだけ早くとは思っておりますが、物理的な時間もあると思いますので、それを待ちたいと思っております。時期についてはここでお話しする情報はありません。

Q:同じ会見で、ゲイツ国防長官はF−22戦闘機の新規の発注を見送るというふうに述べているのですが、この発言が自衛隊のF−Xの選定にどういった影響を与えるとお考えでしょうか。

A:これはアメリカ政府のことなので、私の方からはコメントを差し控えさせていただきたいと思います。選定に関しては、ありとあらゆる情報をとって、その中で適正に決めていきたいと思います。今の時点で、私の方からそれに対するコメントはございません。


御意見御要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊