次官会見概要

平成21年3月16日
(15時00分〜15時03分)

1 発表事項

 なし


2 質疑応答

Q:12日に北朝鮮当局が国際海事機関等に対して、4月4日から8日の間に試験通信衛星を発射すると通告したことに関連して官邸や外務省では情報連絡室を設置しておりますけれども、防衛省として当該事案に絡んで何か対策室の設置等も含めて対応は現在どのようになっているでしょうか。

A:先週12日の夜にご指摘のような報道がございました。私どもとしては、この情報につきましては、引き続き情報の収集という観点で必要な体制をとっていきたいと思っておりますし、また官邸の情報連絡室、また他省庁とも連携を密にしつつ体制をとっていきたいということでございます。

Q:防衛省として特別なチームを編成したりということはないでしょうか。

A:「今の段階で」ということになろうかと思いますけれども、ご承知とは思いますが、防衛省の場合には基本的に24時間体制で情報の収集や、連絡体制というものを常日頃からとっているということでございます。現段階では、そういった体制の中で情報収集に努めていきたいと考えているところでございます。

Q:今後、発射が差し迫ってくるような状況になりましたら、また新たな体制を組む可能性はあるということでしょうか。

A:もちろん、色々な状況に応じてわが方の体制というものも考えていかなければいけないと思っているところでございます。


御意見御要望
大臣記者会見概要一覧へ戻る
新着情報一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊