ホーム > 教育 > 国際平和協力上級課程

国際平和協力上級課程

第7期国際平和協力上級課程の様子

平成30年7月9日(月)から7月27日(金)までの間、国際平和協力センターは、第7期国際平和協力上級課程を実施しました。
 本課程は「国際平和協力活動等の職務に従事する上級部隊指揮官または上級幕僚として必要な知識、技能を修得させる」ことを目的に行われるもので、同課程では、外務省をはじめ、初参加となるガーナ、カタール、スリランカを含む7カ国8名の留学生も、PKOに関する最新の課題や動向について自衛官と共に学びました。
 今回は、コンゴやハイチで国連部隊の司令官を務めたサントス・クルス元ブラジル軍中将も教官として来日し、現場の実相や指揮官の心構えについて熱心な講義が行われました。
 当センターは、引き続き国際平和協力活動等に資する人材育成を行って参ります。

  • 集合写真


  • 国内外講師による講義風景



  • 早稲田大学国際教養学部教授
    上杉 勇司先生

  • 統合幕僚監部 運用第2課 国際協力室
    2等陸佐 明野 真吾

  • 1等陸佐 山本 健(センター職員)

  • 2等海佐 川嶋 隆志(センター職員)

  • サントス・クルス氏(CCMR教官)

  • スタイン・エリングセン氏(CCMR教官)

  • バサン・マンデ氏(CCMR教官)

  • 松沢 朝子氏(CCMR教官)

  • ※CCMR:Center for Civil Military Coorperation(米海軍大学院民軍関係センター)


  • グループ討議風景


  • グループ討議発表の様子


  • 教育課程修了後のスナップ写真

↑このページの先頭へ

第6期国際平和協力上級課程の様子

平成29年7月3日(月)から7月21日(金)までの間、国際平和協力センターは、第6期国際平和協力上級課程を実施しました。同課程には、外務省をはじめ、初参加となるスペイン、メキシコ、バングラディシュ、カザフスタンを含む6カ国7名の留学生も、PKOに関する最新の課題や動向について自衛官と共に学びました。当センターは、引き続き国際平和協力活動等に資する人材育成を行って参ります。

  • 集合写真

  • 入校式

  • 講義風景

↑このページの先頭へ

第5期国際平和協力上級課程の様子

平成28年7月4日(月)から7月22日(金)までの間、国際平和協力センターは、第5期国際平和協力上級課程を実施しました。同課程には、外務省、タイ陸軍及びマレーシア陸軍からも学生が参加し、PKOの最新の課題や動向について自衛官と共に学びました。当センターは、今後とも積極的に、我が国及び各国PKO要員の人材育成を行って参ります。

  • 集合写真

  • センター研究員による教育

  • 外国人講師による教育

↑このページの先頭へ

第4期国際平和協力上級課程の様子

統合幕僚学校国際平和協力センターは、平成27年6月29日(月)から7月17日(金)までの間、統合幕僚学校及び部外施設において、第4期国際平和協力上級課程を行いました。 今期の課程では、陸上自衛官4名、海上自衛官2名、航空自衛官2名、防衛部員1名の計9名が履修しました。
 我が国は、国際平和協力活動等をより積極的に実施する方針であり、本課程はそのために必要な人材育成の一部です。今期の卒業生の中には、近く国際平和協力活動等のため海外に派遣される者もおり、本課程での成果が遺憾なく発揮されることが期待されます。
 当センターでは、今後もニーズにマッチした教育を行うことで、世のため、人のために役立つ「人づくり」(人材育成)に邁進し、我が国の国際平和協力活動等に貢献して参ります。

  • センター研究員による教育(1)

  • センター研究員による教育(2)

  • *PKOCCCにおける教育(1)

  • *PKOCCCにおける教育(2)

  • 卒業生

  • 学校長式辞

* PKOCCC:国連平和維持活動派遣部隊指揮官課程(Peacekeeping Operations Contingent Commanders' Course)

↑このページの先頭へ

第3期国際平和協力上級課程の様子

◆第3期国際平和協力上級課程から教育対象者を拡大

統合幕僚学校国際平和協力センターは、平成26年6月30(月)から7月18日(金)までの間、統合幕僚学校及び部外施設において、第3期国際平和協力上級課程を行いました。 今期の課程教育から関係府省庁職員及び外国軍人の受け入れが開始され、7月7日(月)から同18日(金)までの間、米海軍大学院軍民センター(CCMR)が行った国連平和維持活動派遣部隊指揮官課程(PKOCCC)に、 国内からは、外務省1名、内閣府2名、国外からは、ドイツ及びタイから各1名の軍人が参加しました。 これらの参加者は、6月30日(月)から1週間、我が国特有の教育を受けた自衛官等10名と合流し、経験や文化の異なる学生が一堂に会して、グループ討議や全体討議において活発な議論を展開しました。 国際平和協力センターでは、今回の対象者拡大に伴い、受入要領等で確認することができた反省事項を踏まえ、次期以降の入校者が更に快適に課程教育に臨めるように更なる準備を進めて参ります。
CCMR:Center for Civil Military Relation
PKOCCC:Peacekeeping Operations Contingent Commanders Course

↑このページの先頭へ

ナビゲーション教育