ホーム > 教育 > 国際平和協力基礎講習

国際平和協力基礎講習

国際平和協力基礎講習の様子

 国際平和協力センターは、平成30年5月28日(月)から6月1日(金)までの間、防衛省職員に加え内閣府から1名、外務省から2名の受講生を迎え、第15回国際平和協力基礎講習を国立オリンピック記念青少年総合センターで行いました。
 センター研究員、部内講師として陸上幕僚監部会計課総括班長・山口 勇人1等陸佐(平成25年8月〜28年9月 国連平和維持活動局勤務)及び統合幕僚監部運用第2課国際協力室・征矢 恵介(そや けいすけ)2等陸佐による教育に加え、部外講師としてAAR JAPAN(難民を助ける会)理事長・長 有紀枝(おさ ゆきえ)氏及び早稲田大学国際教養学部・上杉 勇司教授の講義をいただきました。
 受講生はこれらを通じて、国際平和協力活動等に関する知識を得ることができました。

  • 集合写真
    前列:統合幕僚学校長以下国際協力平和センター職員、2列目以降:受講生

  • AAR JAPAN理事長
    長 有紀枝氏
    「人道支援・平和構築に関わる実務と研究の立場から」

  • 早稲田大学国際教養学部教授
    上杉勇司先生
    「民軍協力・平和構築:オールジャパン連携の中で考える民軍連携」

  • 受講風景

  • 熱心に受講する学生

  • 陸上幕僚監部 会計課 総括班長
    1等陸佐 山口 勇人
    「国連本部勤務の概要」

  • 統合幕僚監部 運用第2課 国際協力室
    2等陸佐 征矢 恵介
    「部隊等派遣に関する意思決定プロセス等」


  • 国際平和協力センター職員による講義の風景



  • 総合研究会:研究発表及び質疑の様子

↑このページの先頭へ

ナビゲーション教育