統合幕僚監部について

共同発表

                

統合幕僚長-米太平洋軍司令官会談及び視察

 河野統合幕僚長は、5月16日、防衛省において、ハリス太平洋軍司令官と会談を行い、アジア太平洋地域における安全保障環境の現状及び日米防衛協力について意見交換を行った。

 河野海将とハリス海軍大将は、北朝鮮の核及び弾道ミサイル能力による脅威への対応のため、自衛隊と米軍の協力が重要であることを再確認した。

 河野海将は、17日、南西諸島にある与那国駐屯地にハリス海軍大将を招待し、西部方面総監小川陸将とともに、自衛隊の施設の視察を行った。今回の訪問は、河野海将の初めての視察であると同時に、太平洋軍司令官の訪問としても初めてのことである。

                

懇談

与那国島

  

▲ページトップへ