活動情報

フィリピン国際緊急援助活動

 

被災地へ陸自車両を輸送するLCAC (2013.11.26)

フィリピン国際緊急援助活動 概要

平成25年11月12日 フィリピン共和国の台風被害に対する行動命令に基づき、フィリピン国際緊急援助隊を編成し派出。

平成25年11月15日 フィリピン政府からの具体的な活動受入れに係る表明により、国際緊急援助活動の態勢拡充を決定。

平成25年12月13日 フィリピン政府との協議を踏まえ、国際緊急援助活動の終結に関する自衛隊行動命令を発出。

平成25年12月18日 フィリピン国際緊急援助活動 終了。

フィリピン現地調整所

基本任務:フィリピン共和国関係機関、関係国等との調整

定  員:14名

フィリピン国際緊急援助統合任務部隊

基本任務:医療・防疫活動、救助活動及び援助物資等の輸送等

定  員:約1,170名

指 揮 官:第4護衛隊群司令

構成部隊:統合任務部隊司令部、医療・航空援助隊、海上派遣部隊、空輸隊

主要装備:CH-47輸送ヘリコプター×3機、UH-1多用途ヘリコプター×3機、輸送艦1隻、護衛艦1隻、補給艦1隻、
 KC-767空中給油・輸送機×2機、C-130H輸送機×7機、U-4多用途支援機×1機

活動実績 (H25.11.13~12.18)


活動実績
診療 ワクチン接種 防疫活動 物資の輸送 被災者の輸送 その他*の輸送
2,646名 11,924名 約95,600㎡ 632.54トン 2,768名 2,900名

※その他:比軍人、豪軍人、JICA等

公表資料

▲ページトップへ

フィリピン国際緊急援助活動の様子

活動写真(Photo)

  • フィリピン国際緊急援助 活動写真

活動動画(Movie)

防疫活動

防疫隊の活動 (25.11.26)

米軍CTF-76指揮官

米軍CTF-76指揮官「いせ」来訪(25.11.27)

▲ページトップへ