活動情報

平成29年度米国における統合訓練の概要

  1. 訓練の目的
    島しょ防衛における自衛隊の戦術技量の向上を図るとともに、統合運用要領に係る資を得る。あわせて、参加各国間相互の信頼・協力関係の充実・強化を図る。
  2. 期 間
    平成29年5月3日(水) ~ 5月22日(月)
  3. 実施場所
    本邦周辺海空域~米国グアム及び同周辺海空域~北マリアナ諸島及び同周辺海空域
  4. 訓練参加予定国(日本以外)
    仏国、英国、米国
  5. 訓練項目
    洋上訓練(本邦周辺海空域)
    水陸両用作戦訓練(グアム・北マリアナ諸島及び同周辺海空域)
  6. 訓練参加者等(約220名)
    統合幕僚監部(約10名)

    陸上自衛隊(約50名):陸上幕僚監部、西部方面隊、通信団及び中央輸送業務隊
        航空機1機(CH-47)

    海上自衛隊(約160名):海上幕僚監部、自衛艦隊及び横須賀地方隊
        艦艇1隻(輸送艦)
  7. その他
    米国における統合訓練は平成25年度に開始され隔年で実施しており、今年度で3回目。過去2回は、米軍が米国カリフォルニア州で実施しているドーン・ブリッツに参加。今年度は、米国グアム及び北マリアナ諸島周辺で実施。

報道発表資料

平成29年度米国における統合訓練の様子


仏海軍「ミストラル」との共同訓練

戦術運動をする「ミストラル」と「くにさき」

「くにさき」に着艦する仏海軍ヘリコプター

「くにさき」に乗艦する「ミストラル」乗員

「ミストラル」に乗艦する「くにさき」乗員

  

▲ページトップへ