活動情報

米国における統合訓練 : ドーン・ブリッツ15 の様子


活動写真(Photo)

第3艦隊司令官 タイソン中将(右)、第1海兵機動展開部隊
司令官 バーガー中将(左)と握手する山崎統幕副長

共同インタビューを行う山崎統幕副長
9月5日

負傷者搬送訓練でMV22に負傷者を搬入する衛生隊員

MV22オスプレイによる搬送で「ひゅうが」へ到着した負傷者

LCAC揚陸地点を警戒する陸自隊員

揚陸した弾薬を運ぶ陸自隊員

日米LCACがキャンプ・ペンデルトンへ揚陸

米LCACから車両を卸下

護衛艦「ひゅうが」艦上でのインタビュー

  

米国における統合訓練(実動訓練)(ドーン・ブリッツ15)の概要

  1. 訓練の目的
    島しょ防衛における自衛隊の統合運用能力の維持・向上を図る。
  2. 期 間
    【事前訓練:平成27年8月18日(火)~同年8月30日(日)】
    【総合訓練:平成27年8月31日(月)~同年9月 9日(水)】
  3. 訓練統制官
    自衛隊: 掃海隊群司令   海 将 補  岡  浩
    米 軍: 第3艦隊司令官   海軍中将  ノーラ・W・タイソン
  4. 場 所
    アメリカ合衆国カリフォルニア州キャンプ・ペンデルトン、米海軍サンクレメンテ島訓練場及び同周辺海・空域
  5. 訓練項目
    水陸両用作戦に係る一連の行動(着上陸部隊に対する補給等の支援を含む。)及び水陸両用作戦に係る指揮幕僚活動
  6. 訓練参加部隊等
    統合幕僚監部

    陸上自衛隊 西部方面隊、中央即応集団
        CH-47JA×2機、AH-64D×2機 等

    海上自衛隊 掃海隊群
        護衛艦「ひゅうが」、護衛艦「あしがら」、輸送艦「くにさき」、搭載航空機(SH-60)×3機

    航空自衛隊 航空総隊

    米 軍
        米海軍 第3艦隊
        米海兵隊 第1海兵機動展開部隊 等
  7. その他
    米国における統合訓練(実動訓練)(ドーン・ブリッツ)への参加は、平成25年に初参加して以来2回目となる。

▲ページトップへ