活動情報

石川県能登半島沖における貨物船乗組員の救助に係る災害派遣


災害派遣の概要

    

自衛隊の対応

    派遣部隊

    航空自衛隊: 小松救難隊・新潟救難隊


    派遣規模

    航空機:4機


    救助活動の概要

    救助の対象:

     カンボジア船籍の貨物船「TONG YUAN HAI」の乗組員(総トン数2,958t、乗組員14名(中国人8名、ベトナム人6名))

    救助活動時の状況:

     極めて過酷な状況下で貨物船の乗員14名全員をホイスト(吊上げ)により救助した。

     なお、全員を救助した約30分後に当該貨物船は沈没した。

    ・当時の天候

     北海道近傍に発達した低気圧があり、その影響で、救助現場は西の風約20m/sの弱い台風並みの強風

     救助現場は波が非常に高く、うねりも大きい状況

    ・貨物船の状況

     貨物船は、浸水し右に約10度傾斜した状況

     救助時、船舶中央部は、甲板が波で覆われていたため、船尾の2階部分から救助


    

活動の様子

貨物船の状況

救助活動中の空自UH-60J

乗組員を救助する様子

救助活動中の空自UH-60J

救助された貨物船乗員等(空自小松基地)

▲ページトップへ