活動情報

御嶽山における噴火に係る災害派遣


災害派遣の概要

    

自衛隊の対応

    派遣部隊


    陸上自衛隊: 

    第12ヘリコプター隊(相馬原、北宇都宮) 東部方面航空隊(立川) 富士教導団(富士・滝ヶ原) 

    第13普通科連隊(松本) 第12偵察隊(相馬原) 第2普通科連隊(高田) 東方混成団(駒門) 

    第12科学防護隊(相馬原) 第12後方支援隊(相馬原) 中央特殊武器防護隊(大宮) 第12施設隊(新町) 

    第30普通科連隊(新発田) 第12特科隊(宇都宮) 第1ヘリコプター団(木更津)
     

    航空自衛隊: 

    浜松救難隊(浜松) 救難教育隊(小牧) 偵察航空隊(百里) 
     

    派遣規模


    人員:約600名(延べ約7,150名) 車両:約130両(延べ約1,835両) 航空機:17機(延べ298機)

    

捜索救助活動の様子

その他の活動写真(Photo)

  • 他の写真はこちらからご覧下さい。

▲ページトップへ