技術系職種紹介(施設系/装備系)

 日本の平和は、全国に約25 万人いる自衛官と、この巨大な組織を運用するための仕組みだけでは実現することはできません。自衛官が活動する場である駐屯地・基地等の「防衛施設」や、戦車・護衛艦・戦闘機・ミサイル等の「防衛装備品」があってこそ実現します。防衛技官は、いかなる事態にも対応できるよう、これら物的基盤を安定的に確保するための政策を企画・立案しています。  我々の業務は枠組みをつくることにとどまらず、実際に防衛施設を建設し、装備品を調達するという「現場」があります。防衛行政というと、閉鎖的な世界という印象を持つかもしれませんが、実際は全く違います。我々の立案し、実行する政策は、国民の活動、防衛産業、諸外国との関係など広く影響が及びます。そのため、技術力はもちろん様々な知識とバランス感覚を培いながら日々の業務に取り組む必要があります。
 防衛技官は、防衛行政の最前線で自らの技術力を駆使して現場経験を積み、その経験を活かして本省での政策決定に関わって新しい道を切り開いていかなくてはなりません。安全保障環境が変化し、自衛隊の役割が拡大している中、物的基盤の整備という観点からどれだけ国防に貢献していけるか。その活躍の幅は、ひとえに我々防衛技官の努力次第です。

施設系

 施設系は、自衛隊施設や在日米軍施設の安定的な使用を確保するため、防衛施設に関する政策の企画・立案を担う職種です。

「工学」区分から土木・建築・機械・電気・通信を中心に採用

装備系

 装備系は、装備品の高度化、防衛産業の現状、国際社会などの様々な事象を総合的に捉え、防衛装備品に関する政策の企画・立案を担う職種です。

「工学」区分から幅広く様々な学科・専攻から採用


PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Reader は、Adobeのサイト(別ウィンドウ)からダウンロードしてください。

別ウィンドウで Adobe Reader のダウンロードページへ


ページの先頭へ戻る