採用予定機関の紹介(海上自衛隊:事務区分)

我が国の特性を踏まえ周辺海域を守る

海上自衛隊の役割と特色

 海上自衛隊は、海上からの侵略に対し国土を防衛するとともに、我が国周辺の海域における海上交通の安全を確保することを主な任務としています。また、ソマリア沖アデン湾における海賊対処をはじめとして、大規模災害等各種事態への対応、国際平和協力業務及び国際緊急援助活動など、国際社会におけるより安定した安全保障環境構築への貢献といった役割も果たしています。

海上自衛隊の業務紹介

 海上自衛隊に勤務する事務官等は、海上自衛隊が艦艇、航空機等の装備を運用し、有効に任務が遂行できるよう、各行政分野において高い専門性を備えるとともに効率的な業務を行うことが必要です。海上幕僚監部や全国に所在する部隊及び機関等において総務、人事、会計、補給、厚生等の業務に従事することとなります。また、技術分野においては、艦艇や航空機等の整備に関わる業務に従事します。
 海上自衛隊では、我が国の平和と安全を守るため、多種多様な業務を通し海上自衛隊の任務遂行に貢献できる熱意と意欲のある人材を必要としています。

2019採用パンフレット(海上自衛隊)

2019採用パンフレット(海上自衛隊)
※PDF形式で閲覧できますので、左の画像をクリックしてください。

職員からのメッセージ(海上自衛隊)

情熱をもって、スマートに。 (平成21年入省)

ページの先頭へ戻る